FC2ブログ

ほんね と たて まえ、ともに、扱い をあやまると、自ら 滅ぶ ・・・☆☆☆

  • 2019/11/13(水) 08:59:04

今日の天気は、濃い青空のなかを、東から西へ、優雅に、
お日様が、弧をえがいていった、快晴。

夜は、まんまる満月が、笑顔を浮かべて、あがってきた。

大人になり、敵をつくらない処世術として、

この国は、むかしから、ほんね と たてまえを、出し入れしてきた。

医者が、まったくいないころ、

相手が死期の近い場合、その相手から、
「ほんとのことを、言ってくれ。オレのことは、かまわないから、たのむ!」と言われたとき、

かまわないからと言われても、こんなイイ人に、今、ほんとのことを言えば、もたないだろう。ほんとのことなんか言えるわけがない。

そんなときに、たてまえは、最良の働きをする。

時代は経て、経済社会になると、

ほんねを言っていたのでは、営業なんかできない。
商品が売れず会社がつぶれてしまう。
 
各社の営業は、たてまえを駆使し、商品を売りたくった。

そんな影で、営業力のないダメなやつには、営業部長や、営業成績トップの連中が、よってたかって、
「おまえみたいな、なにやらしてもダメなやつは、会社を、今すぐやめろ」と、ほんねを、毎日浴びせるという形になった。
これが、ほんねの悪用である。

この ほんねの悪用、今では、ママ友が、自分の嫌いなママ友にむけ、
小学生も、ダメな子にむけ、ほんねをイイたくり、
その人や、その子を、ほんねの言葉で、こなごなにしていく。

優しさや、あったかさのかけらもない所行。

そんな所行の人間は、それまでに、地位、名誉、金を、いくら積みあげようと、かならず、ある日、

天からの「ほんね」のかたまりを浴び、一瞬で、消えることだろう。


相手のことを思うがゆえの最良の たてまえ と、
相手のことを思うがゆえの最高の ほんね は、人を活かし、
自らをも、成長させる ・・・(^o^)


きょうの吉兆の報らせを運ぶ、吉鳥は

△ オオハクチョウ(2回目)  吉鳥ことば・・・ 人徳者                           





                  

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する