FC2ブログ

報らせ一つで、活力 注入 ・・・☆☆☆

  • 2019/11/04(月) 08:32:05

きょうは、シャツ1枚で、暑くもなく、寒くもない ちょうどいい うす明るいくもり。

そんなおり、
そういや、あれから、あいつ、どうなったかなぁ?と思っていたら、

その早期中年のおっさん(笑)、もとい、30代中盤にさしかかるR太青年から、

「連絡が遅れお許しください。結果からいうと、行く前から、なんとなくダメな気がしていたので、ダメでした。ですが、違う形で、ぼくの先輩が、同じ時期に、別の会社にアタックしてて、その先輩が配属されたのが、その会社の別の部署で、そこに欠員がでたとき、上司に、ぼくの後輩に声かけていいですか、と声をかけてくれて、部署は、ちがえど、その会社に、短期ですが、この2ヶ月働いていて、先日、先輩と一緒に、その上司の人から食事に誘ってもらったとき、あと1ヶ月がんばったら、年度契約にしてやるって言ってもらって、前より少し、展望が明るくなってます。それで、ようやく報告できた感じです。あきひろさんが、悩んだときは、とにかく動け、かならず、明るい方にいざなわれるって言ってくれた通りになったの
で、ようやくこの年で、こういうことだったんだなぁと、少しだけわかりました。まだまだですが、これからも、悩みそうになったら、まず目の前の できることから動こうと思います」と、

R太なりの、精一杯の近況報告がきて、

まだ、不安や、懸念が残るが、あいつなりの前向きな姿勢が出だし点を朗報と捉え、

しみじみ、良かったなぁR太と、安堵した。

旅を続けるとき、こういうちょっとした、うれしい報らせがくると、
「おれも、気合い入れてがんばんべ」って、

活力のメンテナンスをさせてもらえる。

  
ふと、脳裏によぎった相手から、間をあけず、報らせがあるのは、目には見えなくとも、意識化で、ちゃんとつながっている あかし ・・・(^o^)


きょうの吉兆の報らせを運ぶ、吉鳥は

△ イスカ   吉鳥ことば・・・ 意識開花                           





                  

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する