FC2ブログ

ガマンののちに、手に入 れるモノ ・・・☆☆☆

  • 2019/11/03(日) 04:37:06





きょうは、徹夜で西へ西へと移動中、朝日が背中ごしに、あがってきた。そのときの道路わきの温度計は、11℃。

そこから、いっきに、26℃まであがり、でっかいうろこ雲が広がる 晴れ。

長門の一の宮、1800年を誇る、住吉神社に、旅の祈願と、神式の御法事詣り。
心をこめ、二礼二拍手一礼に、添えかしわ手四拍手。

みなさんには、縁起ものの 朱の橋し立をそえておく(パシャ)

そこから、会場へ。

定刻となり、「どうして、わたしは、母なのに、ガマンできないのだろう?」について、おはなし。

我が子に、「ガマンしなさい!」といいつつ、

母のわたしは、ついつい、甘いものを、ガマンできずに買っちゃう、

母のわたしは、ついつい、よく似た服があるのに、ある箇所が少し違い、それがかわいいからって、また、買っちゃう、

母のわたしは、ついこの前、リンスと、シャンプーを新しく買ったのに、ママ友に勧められ、そんなにいいならと、少しだけ迷って、やっぱりガマンできずに買っちゃう

あーあ、わたしって、どうして、子どもには、厳しく「ガマンしなさい!」って言えるのに、

自分自身には、どうして、こうも厳しくなれないの?

それは、「今まで、成功体験につながるような、ほんとのガマンをしたことがないので、未来への自分を、ナメてるから」です。

今、それをガマン、あれもガマン、もちろんこれもガマン、

そうすると、しばらくは、わたしはガマンばかりして、不満がつのる。

でも、それでも、我が子のだめに、ダンナのためにと、
ガマンしていると、

未来の自分に、思わぬ「ごほうび」が、巡ってきて、

その瞬間、「あぁ、今まで、ガマンしてきたおかげかなぁ。こんな、イイことが起こるなんて」ということが、起こる。

起こるというより、イイことが現れるといった感じ。

今回の水害なら、
「うちだけ、車も家も、ギリギリで、水が引いていって助かった」とかね。

そんな話しをいくつかして、

おしまいに、ガマンが利かないわたしは、
年をとると、こうなりうるという、おはなしを、

昔ばなしから、1話、イソップから、1話して、おちぃーまぃ。

それから、移動して、夜は、「鬼滅の刃」で、大盛り上がりした(笑)。


ガマンばかりして、わたしばっかり、損してる!と思った瞬間、「心」のタガがはずれ、なし崩しになり、
わたしだけでも、わたしの家族のためにガマンしてあげなきゃ、誰がしますか、みんなが、健康ならそれでよし!と思った瞬間、「天」のタガがはずれ、福が落ちてくる  ・・・(^o^)


きょうの吉兆の報らせを運ぶ、吉鳥は

△ ギンザンマシコ   吉鳥ことば・・・ 強運                           





                  

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する