FC2ブログ

親子ディスカッショ ンにて ・・・☆☆☆

  • 2019/10/27(日) 05:03:03

きょうは あったかい くもりで、たまに、はれかかっていた。

だから、半袖でも、まだ、いけた(笑)。

そんなか、お母さんたちには、
我が子に、どうしたら言うことを聞いてもらえるか?

我が子たちには、
どうしたら、親の都合で、させよう させようとしてくることをかわせるか?(笑)で おはなし。

先に、子どもたちと、おはなししたのだが、
子どもたちといっても、小学校5年から、26才までいたが、

中学2年反抗期真っ只中の、な◯とが、
「親っつっても、なんも、関係なくね?親だけに限らず、大人のいうこと、子どもは聞くもんだし。すぐは、オレも、言うこと聞けないけど、最後は、聞くし」と、反抗期とは思えない発言に(笑)、

19才大学2回生の やっくんが、それに対し
「おまえも、あと、しばらくしたら、その大人が言うことがウザくなんだよ」と、反抗期的発言をして

結果、「笑顔で、きょうは、しない。でも、今週中にはやっとく。今、これやらなきゃいけないから」と言って、親の言ってきたことをかわすのがいいと、ディスカッションしてなった(笑)

あとの、お母さんの会では、
子どもたちの結果を、報告した上で、
ディスカッションが、はじまったのだが、

なんとしてでも、我が子に、今すぐさせようとしなくても、すむことばかりなのに、
どうして、母のわたしは、やっきになるのか?
わたしが、イヤなだけで、どうして、そこまで、我が子に言ってしまうのか?に、話しのテーマが変わっていき、

結果、
「母のわたしが、今まで、うるさくいいすぎてた」ということに、
気がつくこと多しの形になり、
お母さんらは、笑ってごまかしたので、

子どもたちの変わりに、
「なに笑ってごまかしてんねん。なめてんのか!今まで、自分の都合で、させよう させようとしやがって(爆笑)」と、言っておいた。
  

天に口なし 人をもって言わしむ(:天は何も言うことはないが、その意志を人の口を通して授ける) ・・・(^o^)


きょうの吉兆の報らせを運ぶ、吉鳥は

△ タヒバリ   吉鳥ことば・・・ おくゆかしさ                           





                  

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する