FC2ブログ

ちょっとした案を吠え てきた ・・・☆☆☆

  • 2019/10/23(水) 04:03:04

きょうは、ダブル台風の影響で、夕方まで、かなり冷える雨。その後、くもり。

そんな雨のなか、即位礼正殿の儀が、執り行われた。

即位に、ともない、神社に寄り、

令和元年から、大災害が多いので、どうか、自然災害の少ない、
令和時代となりますように。  

きょうの雨で、台風19号の被害に遭われたみなさんが、
さらなる、被害がでないよう心をこめ祈願してきた。 

祈願のあと、ある会に、無理やり誘われ、いやいやながら立ち寄ってきた。

立ち寄ったところで、話しを聞いていて、そんな、スケールのちっせぇこと言っててどうすると思った。


みなさん、ぜひ、想像していただきたい。



きのうまで、家族団欒で ごはんを食べ、

テレビを見て フロに入り、自分の部屋で くつろぎ、

ぐっすり寝て、朝、歯をみがき、

さぁ、きょうも 行ってくっかぁーと 出かけ、

1日のスケジュールを終え、家に 帰ってきたら、

自分の家が、あとかたもなく、なくなっていたら、

いったい どんなメンタル状態に おちいるか、

わかるだろうか?????

この国に、住む限り、誰だって、そういう災難が起こりうる。

ということは、その災難に遭う可能性が、毎日あり、

それは、災難がきょうにでも自分の身に起き、どんなメンタル状態に おちいるか、はっきりわかる可能性があるとも言える。


であれば、なぜ、この国は、この国の政治家たちは、

今月から、2%あげて、10%の消費税を取るようになったのに、

大災害即日対策復旧庁なるもの、略して、「災庁」なるものを、その2%分の消費税をあててつくろうとしないのだろう。

大災害が起こった場合、その災害地区に、すぐ、「災庁」から、

最長1時間後には、自衛隊のファントムを飛ばしてでも24時間即対応できるエキスパート人材を要し、そのエキスパートたちを各分野、各部署に配置し、

川の氾濫、決壊が発生したら、即ふさぐ技術をもったエキスパートたちが、潜水型クレーン車や 潜水型ブルドーザーなどの建設部河川隊、

火山の噴火などの対応ができる超防火型クルーザーを出動させれる火山隊、噴火がないときは、山の遭難者を探す衛星体温スキャナーをつかえる捜索隊を兼ね、

大地震が起きたときは、市民から、いざが、起きたとき、
すぐ、隊員に加わる実働者をたばね、災害の大小に応じた指示系統をすぐ出せる大地震隊、

また、被災者の避難所に、即、物資を運ぶ 物運隊と、避難所で、
避難所の数に応じた3食3日分の食事や、水、携帯の高速充電、トイレなどの物資を受けとり、その物資の管理と、仮設トイレ建設などをする 物受隊、

そして、翌日には、すべての被災者の被害状況を把握するマーケティング隊、
さらに、翌朝の昼から、その各家庭の被害状況にあわせた、被災者特別ローン対応隊、
3日後には、即日ふりこまれる、救済保険隊の隊員たちによる調書取りなど、

防衛庁で、ファントムや、戦車、潜水艦、パックスリーなどを買う予算、またそれらを作る我が国の技術を活かせば、

すぐ「災庁」を、作れるだろうに。

または、天皇陛下即位の儀で、発表すれば、

国民から、または、すべての納税者から、

「よくやった」と、称賛されるだろうに。

あなたたちは、そんなことを 国会で、提案するために、
政治家になったんじゃないんか?と、

きょう、ある政治家の後援会の集まりで、吠えてきたら、
すげぇー、なりやまない拍手を頂戴したが、

おれが、拍手を頂戴しても、しかたない。

未来の大災害への備えを、国が、国家予算の3分の1を、
たった15年つかって、ぜひ「災庁」を創って
一刻も早く、本気で、つくってほしいもんである。


世直しを起こす政治家は、ズル賢い政治家をあっけにとらせる、100年に1人、この世に現れる純粋な大バカヤローしか成せない ・・・(^o^)


きょうの吉兆の報らせを運ぶ、吉鳥は

△ オオタカ    吉鳥ことば・・・ 大成                           

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する