FC2ブログ

無事の連絡が 続 々と ・・・☆☆☆

  • 2019/10/15(火) 03:19:01

きょうは きのうと一転、朝から 小雨まじりの くもり。

水害に遭われた方々のためにも、少しでも、雨が、少量であってくれと願っていると、 

埼玉、神奈川、千葉、長野、栃木、茨城、山形、宮城、岩手、そして 北海道と、

このおっさんの息のかかった人たちから、続々と、無事の知らせが届いた。

それでも、祖父母の家や、ご近所、彼らの仲間うちの方々は、かなりの水害に遭ったようである。

去年の岡山、広島の水害に遭われた方々も、ドロだらけで、変わり果てたわが家をみて、こんな感じの気持ちになったんだろうなぁと、
水害に遭って 始めて 今までの被災した人たちの気持ちがわかりました、とか、

あきちゃんが、自然を愛でていないと、肝心なとき、守ってくれない、と言われ、今まで、月や、夕焼けなんかじっくり観たこともなかったけど、今年は、月や夕焼けを愛でていたおかげか、うちだけ、床下ギリギリの被害ですむ、奇跡が起きました。これからも、しっかり「自然は常に見ている」の教えを守り、自然を愛でさせていただきます、とか、

あきちゃんから、神社や、墓参りにいって、ちゃんと、「わたし見たいな、人間を生かしていただきほんとにありがとうございます」と、お礼参りしてこいって言われ、今まで、そんなお礼参りなんてしてこなかったけど、きっちりしてきたおかげなのか、
わたしの家の前まで、水がせまってきてたのに、徐々に水が引き、ギリギリうちは、守ってもらえました。でも、わたしと一緒に活動してるママ友の◯◯ちゃんちは、屋根まで水につかり、水が引いても、まだ、床下までつかった状態のようなので、水が引いたら、片づけを手伝いにいくつもりです、とか、

ただただ、あきちゃんに感謝。夜中、水が迫ってきたとき、「ピンチのとき、この神様に神頼みしてみ」と言われた あきちゃんの言葉を思い出し、あの日もらったご朱印の神様に、「助けて」と願いながら持っていたら、助かりました。でも、ほんと恐かったです、とか、

数々の胸を打つ内容の報らせに、ほんとに ほっとした。

心底うれしかったが、すぐ、襟を正し 神様に、

「ぼくの息のかかった人たちを守ってくださり ありがとうございました。 

そして、 

神様、できるだけ、被災した方々が、1日でも早く 片づけや、
日常復旧するためにも、しばらく晴れを ご用意くださるよう
なにとぞ、よろしくお願いいたします。

また、氾濫や、決壊を起こした、川の神様、季節的に秋の収穫が迫っていますので、どうか、怒気をお鎮めくださり、
被災地区のみなさんを、お守りください」と合わせて、祈願した。
 

神様は、自然を愛でてる者を、愛でて守ってくださる ・・・(^o^)


きょうの吉兆の報らせを運ぶ、吉鳥は

△ カンムリウミスズメ   吉鳥ことば・・・恩恵                            

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する