FC2ブログ

ご厚意に、あやか って ・・・☆☆☆

  • 2019/10/04(金) 01:40:07

きょうの朝方の天気は、ほぼ徹夜明けのぼくを、眠りにいざなうくもり。のち 昼からは、はれ間がのぞいた。

それでも午前中から、夕方まで、「心の窓」で、数名の方を処方させていただき、みな、笑顔とともに 新たな決意を宿されたようだった。

すべてが終わり、バスで、30分ぐらいゆられ、目的の駅に到着。

バスを降りて、改札まで行こうとしたら、
駅の内装工事で、まわり道をすることになり、うろうろしていたら、

久しぶりに、ミスタードーナっちょを見つけた。

すぐ、店の中に入って、目的のドーナツをさがしたら、

トレーに、3つあった。やったぁーっ。

でも、ぼくの前に ならんでいた、30代後半のお母さん風の女性が、トレーに1コのせ、
次に、ならんでいた、20代後半の女性が、すでに大量のドーナツをトレーにのせていたのに 1コのせ、
のこり ひとつ、ぼくの前に ならんでいた、20代前半の女性が、
通過したと思いきや、ちょっともどって、最後のひとつをトレーにのせた。

がっくし。

しかたなく、シナモンのドーナツを ひとつ、トレーにのせ、レジへ。

店員の女性に、ダメもとで「もぅ、チョコリングは ないですか?」と聞いてみた。

「少々 おまちください」といって、見にいってくれて、もどってきて、
「申し訳ございません、もぅ、ございません」と言われた。

やっぱり、もぅ、ないかぁと、思ったときだった。

ぼくの前の前にいた、20代後半の女性が、ぼくのとなりのレジにいたのだが、その女性が、ぼくの方をパッとみて、

「良かっら、このチョコリング、いいですよ。ちょっと買いすぎちゃったから」と、微笑みながらいってくれた。なんちゅう、ええ子やぁ。

その瞬間、このおっさんときたら、
「ほんまに、ええの?(はい どうぞ どうぞ)。
変わりに、このシナモン、レジすんでるから、食べて」といって、チョコリングと、換えてもらい、

チョコリング 起死回生のゲット達成!

しっかり お礼を 告げ、

そのチョコリングを大事に もって、改札をぬけ、

ホームのベンチにすわり、パクり。

うんめぇーっ。 うますぎるーっ。

と、味わっていると、視線を感じ、パッとみたら、

さっき、チョコリングを、ゆずってくれた女性が、
「良かったですね」と、言わんばかりに、クスっと笑いながら、
おじぎした。

この おっさん、よほど、満足そうな顔して、喰ってたんだろうなぁ。

行きずりの娘さんの ご厚意のおかげで、久しぶりの糖分を摂ることができた。

 
あきらめかけたとき、なにかの働きが ナイスタイミングで起きるときがある。それ、福の神の「福の種」かも  ・・・(^o^)


きょうの吉兆の報らせを運ぶ、吉鳥は

△ ミユビシギ   吉鳥ことば・・・ ごほうび                               

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する