FC2ブログ

心のふとん ・・・☆☆☆

  • 2019/09/20(金) 01:42:03

きょうは、ほどよい気温で、身体が動かしやすい、秋のはれ。

電車の窓から、我が子のふとんを干して、ぱんぱん叩く、
お母さんの姿がみえた。

そのシーンを見て、
ガキのころ、昼間におかんが、ふとんを干してくれて
夜、そのふとんに入った、あの気持ちよさを思いだしながら、
会場へ。

天気に恵まれたおかげで、出やすかったのか、
お母さんたちが、わんさかきて、
主催者のMら、スタッフが、イスの位置をつめて並べかえたり、追加のイスを取りにいったり、てんやわんやだった。

開口一番、
「きょう、我が子のふとん干してきてあげたお母さん、手をあげてください?」と聞いたら、200名以上いて、たった6人だった。

そこで、「愛するダンナのふとんを干してきた人?」と聞いたら、だれも手があがらないので

「ゼロって、かわいそ、ダンナ」といったら、大爆笑。

「なに笑ろとんねん。ダンナの名誉のため、きょうは、みなさんに、妻としての心得を、みなさんの、心のふとんを干して、パンパンするように、パンパンしたる(笑)」といって、

80分ちょい 妻としての性根を、パンパンして、叩き直してあげた(笑)。

終わってから、Mらスタッフと お茶したとき、
スタッフのiっちゃんが、
「そうですよね、忘れすぎでした。きょうあきひろさんがおっしゃってくれた、夫婦は、共同作業で支えあう意識をお互いが持つもんや、と言ってくれた、あの言葉は、好きで一緒になったのに、いつの間にか、ほんとに忘れちゃてて、してもらって当然って感じだったので、ハッとしました。きょうから、また訓えてもらった、家庭の気持ち良さ3訓を実践しまーすぅ」と言ったので、

「良かったやんけ、きょうオレに、iちゃんの心のふとんパンパンして干してもらって。きょうパンパンしてもらわな、そのままジメジメした心のふとんのままで、なんでこの人は、もぅって、思ったままになってたで(笑)。やっぱ、パンパンして、カラっと、ふわふわのふとんの、あの気持ちよさを、夫婦は、お互い忘れたら、あかん」といって、

仏様の智恵を、Mらに、一つ授け、おちぃーまい。


夫は、家庭の外側から、妻は、家庭の内側から、家庭をおもいやる、その気持ちが、家庭に ふわふわの、気持ちいいふとんが敷かれる  ・・・(^o^)


きょうの吉兆の報らせを運ぶ、吉鳥は

△ ヤンバルクイナ   吉鳥ことば・・・ 相思相愛                                

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する