FC2ブログ

白雲がかかっていて は  ・・・☆☆☆

  • 2019/09/13(金) 12:44:09

きょうは、少しだけ 暑さがやわらいで、日陰に入ると いい感じの涼しさを感じる 白雲が張ってる はれ。

この白雲が張ってる空をみて、空海の言葉が 浮かんだ。

空海の弟子が、
「大日如来は、法身(ほっしん)、つまり真理そのもの。だとしたら、どうやれば、大日如来の声が聞こえますか?」と聞いた。

そのとき、法身が説法をすると考えていた空海は、
「説法を聞けないのは、つまり、仏の声が聞こえないのは、その人の責任であり、自分で自分を高める努力をして、自分自身を変えていくしかない。心に白雲がかかった状態では、青空のような澄んだ心の状態ではないため、それでは見聞きする力がつかない」と言った。

好き同士のカップルでも、何十年連れ添った夫婦でも、親子でも、
友達同士でも、師弟関係であっても、

どちらかが、心に白雲がかかっている状態では、

相手の言うことが まっすぐ見聞きできず、

気持ちに、浮き沈みが生まれ、

目の前にいる相手なのに、遠くにいる感じがし、

見ているようで見えていなかったことが増え、
聞いているようで聞いていなかったことも増える。

こんな状態にならないよう空海は、

自分自身を変えていくしかないと、いうのである。

この場合の自分自身を変えていくのは、

今の自分から、より高みにあがるためチューンアップして

変化していくことをさす。

まず、自分の人生で、縁あって出逢い、自分のそばにいてくれる人の言うことを良く聞き、素振りを良く見ることである。


自分が思っている以上に、自分のことを、自然と同じように見れていないものである ・・・(^o^)


きょうの吉兆の報らせを運ぶ、吉鳥は

△ ホンセイインコ   吉鳥ことば・・・ 思惟(しゆい:智恵を働かせて ものごとを良くみること)                                

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する