FC2ブログ

相手探し・・・☆☆☆

  • 2019/08/28(水) 04:12:08

きょうは、ほとんど、くもりのなか、わずかに、はれそうな明かりが数回あった。

朝方、日中と、かなり暑さが やわらいだ感じを受けるようになってきた。

そんなおり、結婚相手を、真剣に探している、喰いぎみの女性(笑)のみなさんに、お呼ばれした。

主催者は、8年前、津波から高台に非難し、避難所生活をしていたU希。
当時、U希は、高校3年の青春真っ只中の小娘だった。

高校卒業と同時に、都会に出てきて、彼氏ができたものの、2度の、悲しい別れを経験し、
次こそは、「いい男」と、つき合うぞと目論んでいるのだが、

自分の日々に、なかなか そんな「いい男」が いないらしい(笑)。

U希が、フリーになってから、幾度となく、コンパをし、そのあとで女子会を開き、また、次こそはと思いコンパを開いたが、
いい男風をした男、いい感じ風の男はいても、
「いい男」は、なかなかいなかった。

そこで、おっさんに連絡があり、
「あきひろさーん、わたし、自分がいいと思う男がわからなくなりました。あきひろさんが、わたしにピッタリの男を紹介してください。もぅ、あきひろさんが、いう人でいいです」というので、

「まずは、おまえのいう「いい男」っていう基準を先輩にチェックしてもらえよ。または、自分の男を見る目が、どの程度なんか、すでに結婚してる女の先輩にチェックしてもらえよ」

「だったら、あきひろさんに、チェックしてほしいです。
他にも、友達呼んでいいですか?」となって、きょうの運びとなった。

会場は、「男、めっちゃほしいオーラ」が、ムンムンだったので(笑)

開口一番「おちつけ」といったら、大爆笑))))))

そのあと、今の自分に、ピッタリな男を彼氏にできたとして、

それが、「いい男」につながるか?という点で、おはなしし、
みなに、5つの問いかけを、2択制でした。

そしたら、みんな、いい男を探すというより、
自分に合った「相手を探している」というのがわかったので、
みなに、「相手を探す」嗅覚が、女性としてあるかも、
チェックしたら、

みんな、赤点だった。

そこで、男性が、女性のどこに魅力を感じるか、
女性が思う、男性の女性観を一人づつ発言してもらい、
その上で、自分が、どういう男性がいいかも伺ったのだが、

検討違いも、はなはだしい、大爆笑となる、珍回答の連発となった(笑)。

「なんじゃ君ら、男という生き物をなんやと思てんねん。まぁ、君らと つきあえる男は、女性的な感覚をもっためんどくさい男しか無理やろな。
それは、なぜか。
全員、自分自身、わかりにくい、めんどくさい女をしてるからや。
まさに、類は友を呼ぶってやっちゃ。
君ら、さっき、男は、単細胞で、ガキっぽいって見ぬいてたやんけ。つまり、君らから、見れば、それぐらいわかりやすいんじゃ、男わぁ。
そしたら、君らも、単純明快に生きたらええやんけ。
それを、自分のめんどくさいとこを、つきあった男に、めんどう見てもらおうなんざぁ、虫も、つかんし、君らが通るだけで、鳴いてた虫も鳴きやまるわぃ(笑)
U希ぃ、おまえ、なにが、そうじが上手くて、いつもキレイな子がいいや!
男からしたら、女性のおまえに、それを求めとんねん(周りの女の子らが、ウンウンとうなづいてたので)
みんな、なにをうなづいとんねん。みんな、同んじや!」と言った上で、

家庭的な、わたしのできることについて話をしたら、みんな、シュンとなったので、

「お相手の目にかないやすい女性」の話をしたら、みんな急に、メモをとりだした(おいおい(笑))。

そこで、ちょっとは、コンパをしたとき、男性から「おっ」と思ってもらえる、女性の所作を、2つ伝授し、

最後に「今の わたしは、まだまだ小学生です」と、唱和して、
おちぃーまい(笑)

U希ぃ、まずは、わかりやすい自分を。シンプルに いこーぜ・・・♪


いい男は、いい女を見抜き、いい女は、いい男を嗅ぎわける ・・・(^o^)


きょうの吉兆の報らせを運ぶ、吉鳥は

△ コノハズク    吉鳥ことば・・・ 上品                               



  

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する