FC2ブログ

虫も寄り添う罪のない寝 息(笑) ・・・☆☆☆

  • 2019/08/25(日) 03:46:05

きょうは、くもりのち、はれ と思いきや、あっという間に、くもり。

朝方近く、常磐道を走ってたとき、朝日が ねずみ色の雲を、
オレンジ色に染め始めるのをみて、

朝が明けるのが、おそくなってきたなぁと思った。  

待ち合わせ場所に着くと、

「あきひろさーん」と、小6の a奈が、最近みなくなったガングロ娘のように、しっかり日焼けして走ってきた。

そのあとを、F夏、Rる、i利らが、変な走り方で追いかけてきた(笑)。

「おらぁー、なに飛び出しとんねん」って車を、おりていったら、

「あおり運転の犯人だぁー、i利ちゃん、すぐ、警察に電話してー」って、ぎゃははと笑いながら、逃げてった。
 
a奈らは、東の震災の被災者だが、
大笑いする娘っ子らの姿をみて、
あの明るさがでるまでになって、ほんとに良かったと思った。

a奈と、i利のお母さんはいないので、2人の母代わりを、a奈のお父さんの妹の、おばにあたる、巨漢ガン子がやっているのだが、

そのガン子の元に、a奈らが逃げていき、

ガン子が「わたしの あきひろさーん」と、でっかい身体をゆらしてやってきたので、今後は、ぼくが、
「a奈ぁ、ツキノワグマがキャンプ場にでたーって、早く、警察に電話してくれーっ」と、逃げた(笑)。

そんなこんなで、おてんば娘ら含む子どもらに、
しっかり大爆笑ヨダレたらし読あそびしたら、
おっさんに、とちくるった娘どもが、パ◯ツを見せてくる逆セクハラに遭った(超大爆笑パニック(笑))、

そのあと、ガン子らが仲のいい、児相の職員ら、小学校の先生ら、電話で子ども相談を受けているみなさんら、ママ友同士のお母さんたちに 
夏休み明けの、子どもたちへの寄り添いばなしをし、

さらに、そのあと、ガン子らスタッフの 人生に不必要な 刷り込まれた「正しいこと」についてと、
「令和時代に必要な親と子、それぞれの要領のよさ」について、

キャンプ場のテントで、ぐっすり眠りこけている、
a奈らの気持ちよさそうな寝息と、虫の鳴き声が奏でる澄んだフィルハーモニーをバックミュージックに(笑)、

しっかり、ゆっくり、起こさないような声のトーンで(笑)、

一話一発を実践つきで、要領よく おはなしさせていただき、

おちぃーまい(声を出せず10倍爆死爆笑・笑)))))))

ガン子ぉ、多くを求めず、わずかな◯◯の ありがたさを忘れやんよーになぁ、おつかれさん♪


子どもたちの 罪のない寝息は、親の「しゃんね、よし、明日も がんばっべ」というエナジーとなる(笑) ・・・(^o^)


きょうの吉兆の報らせを運ぶ、吉鳥は

△ カワセミ   吉鳥ことば・・・ 大道                              



  

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する