FC2ブログ

かみしめて ・・・☆☆☆

  • 2019/08/15(木) 01:07:07

きょうは、台風の影響か、朝から 不規則な風が吹き、昼までは、パラパラと雨が降ったり、急にはれたりして、夕方から、一気にくもり、ときより雨があたりだした。

お盆に、台風とは、ヤマトの民を見守ってくださる、すべての
ご先祖のみなさま方、どうか被害がないよう、お力をお貸しください。

みなさんは、お墓参り、いきましたかぁ?

きょうは、このお盆について少しだけ おはなしを。

お盆の正式な お務めの名を 盂蘭盆会(うらぼんえ)といいます。
梵語での ウルランバナから来ています。

本来は、旧暦の7月13日~16日の4日間で、今日では、高度社会の時代の流れもあり、

1ヶ月遅れの8月13日~16日に、多くの方々が、ふるさとに帰省し、

ご先祖様を偲び、日頃、気がつかぬうちに救ってくださっている ご先祖様への恩も合わせ、
かみしめて、お務めします。

このかみしめてとは、誰にとっても、世を生きていくとき悩みや、難儀なことが起きて 苦がやってきたりします。この苦を、私たちは、外からやってくると思いがちで、実は、自らが、気がつかないうちに、その難を、呼びよせてしまう行いや、過ちとなる煩悩を持ち合わせている、という 真実を見ることのないままに生きがちのため、
その真実に、少しずつでも気がついていくために、お経のなかにある、阿弥陀仏の光のはたらきとなる智慧を「かみしめて」読みあげさせていただくのが、盂蘭盆会、お盆のならわしとなったのです。

みなさんも、このお盆に、自分の宗派のお務めをなさって、
智慧を授かり、
ご先祖様への恩を、かみしめて偲んでください。


世の盲冥をてらすなり = この世で生きる、智慧なく闇に迷う私たちを照らし続ける阿弥陀仏の光のこと・・・(^o^)


きょうの吉兆の報らせを運ぶ、吉鳥は

△ サシバ    吉鳥ことば・・・後光                            



  

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する