FC2ブログ

「けど」 ・・・☆☆☆

  • 2019/08/08(木) 02:38:02

きょうは、肌がチリチリ焼けているのがわかるほどの、猛暑日となった。

移動中、信号待ちで、先頭になったとき、

前を見ると アスファルトが焼け、蜃気楼状態で、景色がゆがんでいた。

路面が、アツアツの鉄板と変わらないため、ガソリンスタンドに寄り、タイヤに水をかけ、ついでに、水あそびがてら、愛車を洗った。

キレイになった愛車で会場へ行くと、R子が、白の麦わら帽子をかぶって、駐車スペースを確保しがてら待っていた。

R子は、先の震災の被災者だが、この干支〆のイノシシ年で、

くよくよしててもしかたない、前を向いて明るく生きよう と

今年は、多少つまずきながらも、「明るさ」を意識した毎日を、なんとか ここまできたが、

「あきひろさん、年末まで、わたしがくじけないよう、喝!を入れに来てください」と言われたのだが、

「おまえ、喝!を入れると、簡単に折れるからなぁ。そやから「喝」ではなく「活」なら入れに寄ってやれやんこともない」と言ったら、 

えっ、それがいいです、寄ってください、とのことで、今日の運びとなった。

会場には、片手に携帯扇風機を持った お母さんがわんさか。

そこで開口一番
「携帯扇風機を持ってるお母さん、みなさんの邪気ウィルスが、拡散するので止めてください」(爆笑(笑))で、はじまり はじまり。

明るく生きたい「けど」、なかなか そうは言っていられないというお母さんが多いと思うので、まず、1冊 絵本を読ませていただきますね、と、読ませていただき、

その上で、「けど」を、つけてしまうのは 

母として私の望みの多さ、女としての私の気分次第で望みが変化する複雑さについて、

前にいた、邪気まるけのお母さんにモデルになってもらい、やさしく説いてあげ、

それを我が子でたとえるなら、
我が子が、エアコンが利いて快適な部屋でゴロゴロしていると、
みなさんは、「早く、一つでも宿題やりなさい」というよね、
そうすると、我が子が、
「夏休みの宿題やりたい(けど)、暑いから、やれない」と言った瞬間、

「なにいっての!こんな快適な部屋で」というよね、

みなさんの「けど」の使い方は、

そうやって、なにいってんの!ってツッコミたくなる、「けど」の使っを大人やのにしてる。

そんな「けど」の使い方を、普段からしてたら、明るく生きれるわけがない。

そこで、「けど」を付けずに、母として、妻として、人として?(今のところこの会場に人間はいませんが(笑))、まぁ、女として(笑)、
明るく生きるために必要な「けど」が付かない気持ちの在り方が、

どこにあるか、この絵本を読ませてもらったら終わりますので、

聞きながら、しっかり、見つけて、とっとと帰ってください(笑)と言って、読ませてもらい、おちぃーまい。

R子、おつかれさん。うまい水だしコーヒーごちそうさんなぁ。

大笑い連発して、「活」入ったやろから、携帯扇風機買わずに、昭和は、うちわで、
明るさとともに、あおぐように(笑)。


「けど」「だって」というてるうちは、まだまだ。使うにしても 大人なら、「めちゃくちゃ暑い(けど)、私がひとっ走りしてきたろ」というのが大人。そこに、我が子たちは、大人ってスゲーな、この暑い中、さすがお母さん、という気持ちが芽生えるのさ ・・・(^o^)



きょうの吉兆の報らせを運ぶ、吉鳥は

△ タマシギ   吉鳥ことば・・・ 流石                         



  

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する