FC2ブログ

おもしろいから「 学ぶ」・・・☆☆☆

  • 2019/08/06(火) 03:33:10



きょうは 多少 風のある 真夏日。

そして、8月初の大安吉日だったので、

宝登山神社に、旅のお礼など もろもろお礼詣り。

それから、急いで、1人目の打ち合わせ場所に向かった。

終わってから、次の打ち合わせ場所へ。2人が終わって、3人目の打ち合わせ場所へ。

すべての打ち合わせが終わり、江戸時代のはじめ、

徳川家康に、とても重く、篤くもてなされた、林 羅山について、調べるため、とある場所へ向かった。

林 羅山は、儒学者とされているが その実、法令を定めたり、

いろんな儀式の方法や、意味を考え、のちに、代々 大学頭(だいがくのかみ)として、質の高い講義をおこなった。

後世にのこした、「本朝通鑑(ほんちょうつうかん)」は、知る人ぞ、知る、今もって優れた日本通史として300巻を越える修史事業であった。

その一部を 読ませていただき、日本人が、日本人として、
これだけは、やってはならぬという、

今に通じる数々の「当たり前」の文言に、感動させてもらった。


おもしろいと思って学ぶことは、過去の「真実」に近づく おもしろさに出逢う ・・・(^o^)


きょうの吉兆の報らせを運ぶ、吉鳥は

△ コアオアシシギ   吉鳥ことば・・・ 興味津々                         



  



この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する