FC2ブログ

入道雲 ・・・☆☆☆

  • 2019/07/29(月) 02:22:07

きょうは 夏本番を感じる はれ。

南東に、真っ白な、大きな入道雲が、そびえていた。

入道雲のことを、昔、「雲の峰」といった。

昔の人は、かなり感受性がゆたかだったことがうかがえりはが、

夏空に、山の峰のように もくもくと高くそびえる雲をみて、そう呼んだ。

また、この入道雲を、関東の昔の人たちは、「坂東太郎」とよび、

関西の昔の人たちは、「丹波太郎」とよび、

夏を象徴する風景言葉を、産み出して、夏の親しみとしたものである。

各地には、今だ、その地区にねずく、入道雲の俗称が 残っていると思うので、

おじいちゃん、おばあちゃんで、俳句や短歌をたしなむ方がいたら、
なにかのおりに、

風鈴の音色を聞きながら、ぜひとも、聞いてみてほしいものである。

きょうの、雲の峰は、どこか、やっと来た、夏に、

堂々と立ち、身をさらして、これからの令和を見越しているかのようだった♪


ヤマトの民は、暑さに ヤマト言葉をかけ、涼む 達人だらけ ・・・(^o^)


きょうの吉兆の報らせを運ぶ、吉鳥は

△ アマサギ   吉鳥ことば・・・ 夏の夕焼け                    



  

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する