FC2ブログ

母は、母 ・・・☆☆☆

  • 2019/07/26(金) 03:27:01

きょうは 昼まで、うすねずみ色の雲が多かったが、やがて うすばれとなった 。
 
駅を降りると、数年前までザーマス軍団に入団していた、

シングルのお母さんたち、13名が、待っていた。多少、がぶりつきぎみで(笑)

リーダーのR佳が、改札を抜けるなり、腕を組んできたので、

「すいませぇーん、この人、女性の痴漢でーーす!」と大声で吠えたら、パッと離れた(笑)。

瞬時に、R佳から身を守って、セーフ(笑)。

おはなしの場所まで行き、アイスコーヒーを注文して、

「母が、お父さんの代わりをする必要なんかない」の演題で、おはなし。

母でありながら、女性という私の主観的父親像をなぞるだけで、

男性がもつ、感覚的な、動き、発言を、お父さん代わりで、やろうとしてもできない点を、4つの視点で やさしく説いたあと、

わが子からしたら、母という良いも悪いもすべてひっくるめた完全存在を、享受する側なので、

その子の母が、社会を学んだことを、教えてもらうことが、

のちに、社会に出たときに役に立つ 社会性や、コミュニケーション能力や、察知能力や、

辛さや悩みを乗り越えていく、なにくそ魂や、根性を伸ばしていく点をも、

絵本を読ませていただきながら、お母さんたちに、

女性としての視点からでも、父性などなくとも充分、

しっかりした心根を持つ人物に育つことに、気がついていただいた。

帰りに駅まで、送ってもらうときには、R佳も、周りのお母さんたちも「安心しました」と言ってくれた。

お母さんは、お母さんとして、わが子の身を案じ、行く末を案じ、
笑顔多きふれあいある生活のなかで、わが子を育む能力に長けている武器を活かせばいい。


シングルの母は、ただ母の生きる力を、わが子に示してあげればいい。・・・(^o^)


きょうの吉兆の報らせを運ぶ、吉鳥は

△ ズグロミゾゴイ   吉鳥ことば・・・守る力強さ               



  

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する