FC2ブログ

おもしろさの種 ・・・☆☆☆

  • 2019/07/18(木) 00:46:08



きょうは、午前中くもり で、 昼すぎから はれ。

そのため 昼からは、かなり蒸し暑くなった。

子どもたちは、数々のおもしろいことを、常にもとめている。

クラスの友達同士が、たのしそうに あそんでいると、

「それ、なに?」と聞いて、どんどん、あそびを吸収する。

でも、お母さんに、しょっ中怒られている子は、そのあそびを吸収する能力が、いちぢるしく低下している。
「そのあそびを吸収したって、また、お母さんに怒られるだけ」と思い、身体が、みんなが たのしそうにしていることから、遠ざかろうとする。

かなしいことだが、そういう子は、お母さんに怒られすぎて、

たのしそうと思う感覚を、壊されたのである。

お母さんの気に入らないことはしない、
お母さんが、不機嫌にならないように気を張り、
お母さんが、なにかで、眠ったときが、一番、おちつくといった感じに、身体がなっていく。

そんな子には、クラスのみんながたのしそうにしていることを、教えてあげたくても、教えてあげられない。

そんな子が、体育館で、みんなと一緒に、

この おっさんが来るのを たのしみに待ってくれていた。

このおっさんの読あそびで、過去に読んだ絵本は、常に、図書室で借りては返し、借りては返し、

図書室の司書の先生に、「このページで、みんなが、大爆笑したんだよ」と うれしそうに話したり

「あした、あきひろさん、やっと来るね」と、うれしそうに言ってたらしい。

そういう子だと知らずに、このおっさんは、

「君、まっすぐな、オーラを、ポキンと折られたような形してるから、もったいない。自分が、したいことを、君は、堂々としていかな」と言った。

終わってから、司書の先生が、
「あきひろさん、あの子に、よくぞ言ってくれました。あの子は、お母さんとの関係うんぬんがあり、低学年のころから、自分のしたいことをガマンする性格です。ですが、あの子が唯一、みんなと大笑いできるのは、一年に一度あきひろさんが来てくれる、きょうの読あそびの時間なんです。あの読あそびは、なにもガマンすることなく、クラスのみんなと、一緒に、たのしさや、おもしろさを共有できる時間だから。あの子の壊れていた心に、あきひろさんから、もらった、壊れないたのしさの種は、ほんとに、あの子の心の救いになっていると思います」とのことだった。

お母さんに怒られて心が壊れた子の

新たな 壊れないおもしろさの種を、このおっさんが撒いていた実感はないが、

そういう子が、笑顔でおもしろがってくれたのなら、
ほんとに、おっさんは、おっさんで、うれしい。

夜、移動中の、コンビニの駐車場で、ふと、空を見上げると、
東の空に、満月があがっていた。

きょうの満月は、かなり縁起良い満月のため、見れるか、見れないかで、おばの あの世の行く末の願をかけていたのだが、
満月を無事、見れたことで、
おばが、ほんとに、極楽浄土に着いて、みんなに会えたんだと思え、安心した◎

自分のイライラのハケグチとして、我が子を、怒りたおした者には、身も心も、こなごなになるような天罰が待っている ・・・(^o^)


きょうの吉兆の報らせを運ぶ、吉鳥は

△ アホウドリ   吉鳥ことば・・・怒るが損        



  



この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する