FC2ブログ

四十九日の法事 ・・・☆☆☆

  • 2019/07/15(月) 05:11:04

きょうは 雨との予想だったが、なんとか、くもり 。

先月、遠征中に、他界した おばの四十九日の法事であった。

みなで、和尚さんに続いて お経をあげ、

しっかり お務めした。

お経をあげてるとき、おばとの数々の思い出が 頭の中に フラッシュバックした。

四十九日の法事は、あの世での審判が下る日。

あの世に逝くと、すぐ十王裁判に、かけられる。

七日ごとに裁判官が登場し、

おばは、きょう七回目の法廷で、泰山王(薬師如来の化身)の前に立っていたはず。

ちなみに、二つ前の五回目の法廷が、有名な閻魔王である。

おばは、まっすぐな性格だったため、おそらく、まっすぐ極楽浄土への判決が下ったことだろう。

法事が 終わって、和尚さんを 見送ったとき、

くもり空がうすらぎ、日が刺したので、無事、極楽浄土に行くことが決まったよ、とのシグナルをくれたんだと思う。

おじいちゃん、おやじ、く◯ちゃんが、そっちにいったから、
あと、よろしゅうに。

そして、大安吉日に、良き法事にしてくださり、阿弥陀如来様、ご先祖様、ほんとにありがとうございました。

一族みなで、故人を偲び、お務めすることで、故人がつまづくことなく 極楽浄土までたどりつける、安全な道を引いてあげられる ・・・(^o^)


きょうの吉兆の報らせを運ぶ、吉鳥は

△ ハクセキレイ   吉鳥ことば・・・鮮明な思い出        



  

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する