FC2ブログ

賢者の言葉は、時を超 える訓えとなる ☆☆☆

  • 2019/06/07(金) 03:09:04

きょうは はれ。

日陰に入ったときの風に、涼しさを味わえた。
 
夜口には、三日月が、光っていた。

古い訓えの文面に出会った。

「賢者は、愚か者が賢者の教訓から学ぶより、はるかに多くを、
愚か者から学ぶ」

上記の文は、紀元前2世紀ごろの言葉である。

こんな昔から、賢者は、賢者としての学びをし、

愚か者は、賢者からの訓えを受け、学んでいたことに関心させられ

人の知識欲というものが、昔から貪欲にあったことを再確認した。

また、これには、目を見張る続きがある。

「親が、我が子を愛することで、親としての賢き道を歩み、

その親からの愛を授かった子もまた、賢き道を歩む。

愛する言動は、賢き道への扉をひらく」

昨今の、親と子の、目もあてられぬ事件は、

まさに、愛情の欠ける所業が元となる、愚かな事件ばかりである。

我が子に、おっぱいをあげていた、あの愛情をもって、

我が子に、接し続けることが、親の賢き道となる


賢き道は、愛情のアスファルトでできている・・・(^o^)


きょうの吉兆の報らせを運ぶ、吉鳥は

△ コシアカツバメ   吉鳥ことば・・・心の底からの愛情               
 
                  
  

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する