FC2ブログ

元気な 駄菓子 ☆☆☆

  • 2019/05/10(金) 00:26:07

きょうは、梅雨に似た くもり。

くもりかぁ と 思いながら 待ち合わせ場所の駐車場に、車を止めた。

その場所から、駄菓子屋が見えたので、つい、

昔を思いだして、立ち寄ったら、

小学生の低学年の男の子たちが6人、キャハハハと
盛り上がっていた。

「君ら、元気ええなぁ。おっさんがガキのときから好きな、
どんど焼きっていうお菓子、どこにある?」と聞いたら、

自分の家のように、1人の男の子が、パッと動いて、「ここ」と言いながら教えてくれたので、

「おおきに。お礼に、君らの分も、どんど焼き買うたるわ」と言ったら、

「えっ!ほんまに?」
「やった、やった」と言って、6人が、店のなかをピョンピョン跳ねた(笑)

会計をしようとしたら、店のおばちゃんが、

「あんたら、きょうは、よかったな。ついてたやん」☆

子どもらに、1人 ひとつづつ、どんど焼きを渡したら、

駐車場の方に 飛び出していって、

「あぉーっ」て、おおかみみたいに吠えあって

爆笑し合っていた。

おばちゃんに、
「あの子らの元気は、昭和、思いだすわぁ」と言ったら

「そやなぁ、でも、うちにくる子どもらで、あの子らぐらいかな、
あんだけ元気ええのわぁ。あとの子らは、みんな、おりこうちゃんやから、おとなしーよ、わたしみたいに。がははは」

「そやかいな、おばちゃん、ガキのころおとなしかったんやぁ、どうりで、ソースつけたTシャツ着てても、上品やわぁ(笑)」といったら、

「いやっ、ほんまや。さっき、トンくし食べたとき、ちょっと、ここ染めとこって思て。
うちが 着ると、ソース柄に、見えるやろ」

「ああ、上手に染まってるわぁ、髪の毛も、その色で染めりゃ、
おしとやかなベッピンさんになって、ここ、大人気の駄菓子屋になるでぇ。ほな、おおきに」

「おおきに、また、大人買いしにきてぇ」やて(笑)。

どうやら、子どもらに、おっさんも、おばちゃんも、

駄菓子屋で、元気玉という 心で味わう 心の駄菓子を
しっかり分けてもらった☆


令和時代に、子どもらから、元気玉をわけてもらうのは かなり高級な心のサプリメントになりそうである(笑) ・・・(^o^)


きょうの吉兆の報らせを運ぶ、吉鳥は

△ カッコウ    吉鳥ことば・・・ 元気のよさ            
 
                  
  

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する