FC2ブログ

神がかり ☆☆☆

  • 2019/04/21(日) 02:50:10







きょうの朝は、雲ひとつない五月晴れ。

そんな青空のもと、

親戚の兄貴の還暦のお礼詣りで、

伊勢神宮、外宮、内宮へ、還暦詣り。

すると、外宮では、第二鳥居を、くぐった瞬間、

向こうから歩いて来られた ご年輩の巫女様に、ハッとされたと思いきや、

深々と、手を合わせれ、さらに、正宮に行く参道で、

たくさんの参拝者がいたにもかかわらず、次なる巫女様にも 深いおじぎをされ、

正宮前にて、心をこめ、二礼二拍手一礼の、二礼をして体を起こしたら、

ここちよい風が吹いたと思いきや、とばりが まくれ上がり、

その後、ご朱印をいただきに、列に並ぶと、

きみどり色の鳥が、3羽、頭上を舞ったかと思うと、

そのうちの1羽が、ぼくを見て、2度、おじぎをした!!


そして、内宮へ移り、宇治橋を渡ると、

渡っているあいだに、7,8匹の鯉が跳ね、

第三鳥居を、くぐったとき、一瞬、ぽっかり雲が、太陽の光をさえぎり、あたりが暗くなったと思ったら、

ぼくらだけに、太陽のスポットライトが当たり、

内宮正宮の下の階段まで行ったら、

行く先の階段の中腹にいた、参拝者の頭上すれすれを、二羽のトンビ?が、飛んできて、

びっくりした参拝者たちが左右に散り、

正宮までの、ど真ん中の道があき、まっすぐ、正宮前まで招かれ、

お賽銭を入れた瞬間、幣紙が舞う神風が吹いて 

ふぁーっと、とばりが浮き上がり、

その奥の白石境内から、正殿までが、

白石の玉じゃりに、太陽があたり、

まるで、西日が当たった、海面のように、

キラキラと輝き、正殿までの綺麗な光の中庭が丸見えになった◎☆◎☆◎☆◎☆◎。

そして、お詣りをおえ、神楽殿でのご祈祷をおえ、

ご朱印をいただきにいったら、

「倫太郎くん」と声をかけられ、その人を見ると、

なんと、34年前、ぼくが、ある本を作るときに、
装丁で、お世話になった、Sさんだった。

で、なんと、なんと、
ご朱印は、今回、超超超超超超超超超超レアものの、ご朱印を、いただけた☆(星100コMAX物)

なんという幸運、なんというご神気の数々。

ほんとに、天照大神さま、いつも、心が高揚するご神気を
お授けくださり、ほんとに、ありがとうございます。

これも、みなさんが、きのう各地の神社を通し、天照大神様に、参拝された御心神力のたまものでございます。

みなさまにも、心より、お礼を。

ありがとうございました。

みなさまにも、ご利益多分に賜っていただきたく、
本日、天皇が、神触された ご朱印を、

外宮、内宮ともに、この小生のようなものの
ブログにて、納めさせていただきますので、

みなさん、左、右と触れていただき、
胸の前で、手を合わせて、家族の健康を願い、祓い清めていただいてください。



お天道様に、笑顔を向けて生かさせてもらっていると、
あまりにも、わが身には、もったいないほど畏れ多き、神がかり的不思議なことが起きる ・・・(^o^)

祓い給い 清め給い
神むすれば
守り給い 幸わいたいと
かしこみ かしこみ 日おうす


きょうの吉兆の報らせを運ぶ、吉鳥は

△ マヒワ   吉鳥ことば・・・ 天からの授かり物  
                   
  
今宵は、平成最後の満月である。
その月光をも、添えて・・・♪


この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する