FC2ブログ

やる気スイッチ ☆☆☆

  • 2019/04/18(木) 02:32:02

きょうは、現地までは、なんとか雨が降らずもってくれたが、

おはなし中に、邪気祓いの雨が降ってきた。

我が子が、中学3年になると、

この国の母のみなさんは、「わたしの受験」と名づけてもいいほど、色めきたつお母さんが、年々、増えてきた。

わたしは、当の昔に、受験を終え、すでに社会人になっているにも関わらず、

我が子が、受験生になると、

過去に、わたしが受験で、やり残したことを、我が子に期待とともに課せる傾向にある。

そのため、
我が子が息子の場合、ここ数年、息子が行きたい高校は、
母が、息子の成績に応じたレベルに行かせたい高校に、
息子が、「それでいい」と言って、
結果、母のいう高校に行く男の子が増えてきている。

一方で、我が子が娘の場合、
娘が、成績が優秀で、進路指導の先生が、太鼓判をおして有名高校を
薦めても、娘は、イヤだというので、当然、母と意見がぶつかったり、

娘が、成績があってないような情態だと、受験生である本人は、
高校より、別のものに、興味があり、母だけが、娘より受験生気分で、必死に、行ける高校を探し、娘を、受験に、どうすれば向かわせられるか、毎日、気持ちをやきもきさせながらの日々を送ることになり、

また、成績が、中の上、中の中、中の下で、それぞれ、母が、娘の気持ちを逆なでしないようにしながら、娘が、どこの高校を目指し、少しでも上のランクのため、少しでも確実に受かるよう、少しでも落ちる要素が減るように勉強してくれるか、
娘が、ヤケを起こさないように、自暴自棄にならないようになど、
多岐にわたる配慮でもって、娘の様子を見守ることになる一年となる。

そんな高校受験をひかえた、この時期のお母さんたちに、

「昭和生まれのあんたらの受験ではなく、令和元年、初の我が子の受験やからね。お母さんが、やる気スイッチをONに入れたとしても、我が子本人のやる気スイッチが、ONに入らなければ、受かるもんも受からんからね。むしろ、お母さんのやる気スイッチON状態は、我が子の高校受験への意欲を、もぅ高校なんかどうでもええわというスイッチをONにしてしまうことが多いから。そうすると、わたしは、イライラ虫という邪気に侵されて、ダンナが「ただいまぁ」ってご機嫌で帰ってきたことに、怒りのスイッチをONにすぐ入れてしまい、受験環境を整えてあげやなあかんのに、わたしが、ブチ壊すという愚の骨頂をやらかすから。とくに、あなたは、やるね」ということを、まず、しっかり認識していただき(超絶大爆笑・笑)、

この時期に、母として 凛としていてあげる背中姿を見せることが、

受験生である我が子の、のちのち合格するための、
ブレずに目指すべき高校へ、勉強しつづけるやる気スイッチをONにし、受験当日に、それまでの努力を出せるメンタルづくりの耐震基礎工事になる、との 言魂を飛ばさせていただいた。

最後に、おまじないの 宝鈴を鳴らし おしまい。


母が、気もそぞろでは、受験生の我が子も、気もそぞろのままになり、当然、気もそぞろのまま、受験勉強をすることになる ・・・(^o^)/


きょうの吉兆の報らせを運ぶ、吉鳥は

△ ゴジュウカラ   吉鳥ことば・・・ たゆまぬ努力   
                   
  

この記事に対するコメント

あきひろ先生、いつも本当に有難うございます‼️
自分のダメな部分を日々、息子が気づかせてくれて、ハッとする毎日です!まず、私自身がブレないように、明るい耐震基礎工事をがんばります。
いつか、こちらでも是非、鈴を鳴らしてください🙇🙇🙇宜しくお願いいたします!

  • 投稿者: くるっくるっわはは母
  • 2019/04/18(木) 10:54:30
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する