FC2ブログ

彼岸明けの言葉 ☆☆☆

  • 2019/03/25(月) 06:39:06

きょうは、彼岸明けだった。

彼岸明けの天気は、晴れ。でも、午前中は、冷えていた。

昼から、そんな天を見ていたら、いくぶん冷えがやわらいだ。

これからは、朝夕の冷えのこりに、ときより寒くなっては、だんだんあったかくなっていく。

人生も、晩年にむけ、冷え冷えした状態から、あったかい状態になっていきたいもんである。

そうなるためには、これからの膨大な量の情報社会で、小さいことをいちいち気にしていては、なかなか、あったかい状態にはならないだろう。

きょうの天気のような、人生のあったかい状態をたとえるなら、少々のことが起きるたび、「どうしよう、どうしよう」って、いつも動じていては、心が、あったかい状態とは、なかなかならないのは想像にやさしいはず。

少々のことは、なぜそうなったのかの元を 良く見れば、なにから対応しなければならないかがわかるので、その対応点に合ったことから、手をつければよいので、
良く見れさえすれば、「どうしよう、どうしよう」って心配するだけで、ちっとも動きださないという冷えた状態から、すぐ抜け出せる。

いつも自分が、失敗するのが怖いからと、受け身の姿勢でいると、なにか難が起きるたび、
ビクビクしたり、寒々したり、冷え冷えした状態になりやすいが、

自分が、ある程度失敗しても、その失敗さえ、自分の肥やしになる、と 腹をくくって、能動的に動き出していくと、
だんだん気持ちがノッていったり、
自分を応援してくれる人が現れたり、
自分を認めてくれる人と出逢ったりして、
だんだん、あったかくなっていく。

自分で、自分に、ダメ出しをしていては、心は、そりゃ冷える。

そう思ったとき、天から、

自分の人生は、たった一回の自分だけのものなので、

せめて、自分だけは、自分の心が冷えないよう、

自分で、自分を、「おまえならデキる」と、励まして、

自分の「命」を あっためてあげておくれ。

でなきゃ、なんのために、わさしら先祖が、おまえさんに「命」をつなげたのか、張り合いがなくなってしまうわぃ。

きょう、彼岸明けじゃから、これで還るが、

おまえさんの「命」が、光輝くよう、
いつも天から、見守っておるでの、と

言葉を垂れていただいたように思った。


ご先祖さまは いつも、あったかい目で、あなたの「命」が、あたたかい光を放つよう 彼岸から力をそそいでくれている ・・・(^o^)/


きょうの吉兆の報らせを運ぶ、吉鳥は、

△ アカハラ   吉鳥ことば・・・ 命の輝き           
  

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する