FC2ブログ

ハラハラドキドキ感 ☆☆☆

  • 2019/03/24(日) 03:27:01

きょうは、寒の戻りで、かなり冷える くもり のち はれ。

そんなおり、さぁ、春が始まるぞーって合図になる、

第91回選抜高等学校野球大会が、はじまった。

野球をしたことない人でも、高校野球を見るのは好きって人は多い。

高校生のハツラツとしたプレーのなかに見えかくれする、

確かなようで、確かじゃない送球、

簡単なゴロや、簡単なフライを、あせったばかりに捕りそこねる捕球、

たった一つのフォアボールから、大逆転してしまう打撃がつながったり、

エラーが、エラーを呼び、ドラマチックな結末がうまれたり、

また、優勝候補同士、名門高校同士の感動的な試合など、

そんな若さからくる なにが起きるかわからないあら削りのプレーが、ハラハラドキドキ感を呼ぶ。

このハラハラドキドキ感は、一つの事件を何度も朝から晩まで取り上げる昨今のワイドショーでは、決して味わえないものである。

今まで、高校野球を、あんまりみたことない人でも、

まんねりのワイドショーを見るぐらいなら、

ぜひ、この春は、ガッツリ見て、ハラハラドキドキのナイスゲームの目撃者になってほしいもんである。

そんなハラハラドキドキが、人生である生き方と、あんまりない生き方と、自分の日々に、どれだけの感覚開発に開きがでるかを、
実演つきで言魂を飛ばし、

サビていない感覚の持ち主である 子どもたちなら、一生、その子の体に、感覚刺激を起こさせることもあることを、丁寧に説いてあげた。

そして、子どもたちは、大人より、何倍もハラハラドキドキを味わいたいと頭ではなく、体がうったえる存在であることを、感じなおしてもらった。

その会が終わってすぐ、おっさんも、ミニバレーで、ハラハラドキドキ感を味わいに向かった(笑)。


いくつになっても、ハラハラドキドキ感を味わうことは、体に宿る「若さ」のスイッチを入れてくれる ・・・(^o^)/


きょうの吉兆の報らせを運ぶ、吉鳥は、

△ シロハラ   吉鳥ことば・・・ ういういしさ          
  

この記事に対するコメント

やりました

あきちゃん、あの修学旅行のグラバー園で「全国大会優勝するぞ」って叫んだ子たち、3人が進んだ明豊高校、横浜に圧勝。先発の若杉くんとレフトの野上くんがメンバー入り。やりましたよ‼️まさか「おっーぱーい」ってやってないだろうね((笑)

  • 投稿者: いなおどん
  • 2019/03/24(日) 21:41:05
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する