FC2ブログ

心の嵐 ☆☆☆

  • 2019/03/12(火) 05:14:01

きょうは、春の嵐で始まり、風がときどきつよく吹いて、のち、くもりで、ところどころ はれ間かなと思いきや、はれて、夕方には、キレイな三日月。

まるで、きょうのお母さんたちの心もようにピッタリの天気である。

ダンナの気にくわないところを思い出すだけで、春の嵐となり(笑)、

その春の嵐同士、ママともと、さんざんうさばらしして、なんとか、
風を やわらかにし、

でも、根本的な解決につながらないやるせなさは取れないので、くもりって感じ。

そんな春の嵐軍団たちを相手に、一つづつ、

不満の元となる根本的捉え方の、良い点、さらに良い点、ものすごく良い点と、三段階の発展的捉え方を説き、

次に、

なにかで、最悪と思うことが起きたとき、

なにから考えるのかを説いてあげたら、

みな、心のダクトに、片寄った偏見が 中華屋さんの油のようにこびりついていたため、

それでは最初の考え方から、すでに、不満を呼ぶ考え方にしかいかないので、

片寄った偏見となる油を、クリーン洗浄してあげて、

ああ、そう考えれば、
自分が貯めに貯めた不満のダムづくりから、
運動場に最後まで残る水溜まりぐらいの量にできるのかって
体感してもらった☆☆☆

お開きになるころには、心もようも、
春の嵐状態から、おだやかな天気となり、心の西の空には、新たな視点となる三日月がキラーンとしていた。 


不満を抱いて育てるのも、消化消滅させるのも、優れた解釈を持つか持たないかで決まる ・・・(^o^)/


きょうの吉兆の報らせを運ぶ、吉鳥は、

△  ミミカイツブリ  吉鳥ことば・・・ 柔軟な解釈       
  

きょうは、東日本大震災から8年目であった。

あの震災で、人生半ばにして 天に往かれた みなさんに、

心をこめ、黙祷。           
                       合掌

この記事に対するコメント

ピタリ過ぎて…

つばき幼稚園のお話し会で、「夫婦は幅があったほうが良い」と言われ、そのお言葉を胸に、日々過ごしていました。

が、やはりダンナの気にくわないところに遭遇し、思い出すだけで、春の嵐となっていたところに、このブログ…
タイミングがドンピシャ過ぎて、笑えました!
笑えたおかげで、私の中の嵐が収まりました。
ありがとうございます。

このお話、実際に聞いてみたかったです!

「優れた解釈、柔軟な解釈」の言葉も胸に、日々嵐が起きないよう努めたいと思います。
また、つばき幼稚園のお話し会で勉強させてください。

  • 投稿者: ようこ
  • 2019/03/12(火) 10:39:31
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する