FC2ブログ

足りないから学ぶ ☆☆☆

  • 2019/03/11(月) 01:14:02

きょうは、朝方すこし、あかりがあったが、くもり。夜は、雨。

きょうは、我が子の足りない部分ばかり

目が向けているお母さんたちに、おはなし。

まず、子どもたちは、まだ人生初期のため、足りなくてあたりまえの話をし、

この点を、早く埋めようとすると、知識は入っても、必要な感情が入らないままになることを 例をあげたら、「あー、そうか」といい、

次に、足りなくてあたりまえをしっかり理解できたか、できていないかを確認する質問をしたら、

半分以上が理解していなかったので、我が子の足らない部分は、
あなた方のDNAが炸裂している表れですと証明してあげたら、「あー、そうか」といい、

次に、みんなが、足りなくてあたりまえは、一生つづく当たり前に気がついてもらう話をしたら、「あー、そうか」といい、

最後に、足りなくてあたりまえのおかげで、人は、一生学び続けられる「おもしろい世界」にいるという、
発展的解釈ができないと、

足りない イコール ダメな我が子と思ってしまいがちになるが、
その短絡的な解釈をすることが、
すでに、教養の足りない母(わたし)をさらけだしてしまうことになる、
そのことに気がついてもらった上で、

1冊の絵本を読ませていただいたら、みんな、

今までの、わたしを、見つめることができ、

我が子を「しっかり見る」見方の視点が、足りていないのは、
「大人なのに大人じゃないわたし」だったとわかったのか、
ほとんどのお母さんが泣いていた。


我が子に対して、あの子は足りないと決めつけ、足りない部分を埋めようとする子育ては、「母の愛情が足りない」まま育つことになる ・・・(^o^)/


きょうの吉兆の報らせを運ぶ、吉鳥は、

△  キバシリ  吉鳥ことば・・・ 愛情は心の百薬       
  

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する