FC2ブログ

適時に動く ☆☆☆

  • 2019/03/05(火) 04:21:04

きょうは、きのうに続いて雨。しとしとした春雨であった。

そんな春雨で足元がうるさい中でも、道路の交通量は多かった。

それだけ、雨でも出なきゃならない、出ごとが多いのだろう。

本年のイノシシ年は、みながみな、雨だろうが、雪だろうが、
どうしても出なきゃならない用事が、いくつも発生して、なんら不思議はない。

こんなとき、実は、イノシシ年は、天候がわるい日は、動かないほうがうまくことが多い。

どうしても行かなくてはならない日に、もし、体調不良で 休んだとき、

意外にも、本人が思うほど、大事なきことのほうが多い。

自分に、なにか大事な用事を頼まれていたり、

自分が、キーマンで重要な事案や発表をかかえている場合など、

そのときでさえ、同じ書類を持っている人が他にいることが多いので、穴をあけても、大目玉をくらうようなことは起きない。

なにが、大目玉をくらうようになるかというと、

よし、雨の中でも、なんとか、目的の場所まで着いた。
あとは、あれをやるだけ、と思った瞬間、

忘れてはいけないものを 忘れたり、

カバンに入れたと思っていて、確認をしなかったばかりに 大事なものがなかったり、

自分が予想したことでなかったり、予測がハズれたり 

まったく違う内容に変更となっていたことを、現場に着くまで知らなかったりした場合である。

このとき、決められたことを 決められた通りにやってきた人ほど、
あせって、さらに、ミスや、ドジを侵すため、
大目玉をくらいやすい。

だが、普段から、ハプニングがあっても、

臨機応変な対処対応をしてきている人には、

さほど問題は、起きない。

この差は、自分も含め、「人がやることに完璧はない」と

本当の意味で、普段から 理解しているかで、変わるのである。


人は、人を信用しながらも、人を信用しきれない自分がいると、ミスを呼ぶ・・・(^o^)/


きょうの吉兆の報らせを運ぶ、吉鳥は、

△  ミヤマガラス  吉鳥ことば・・・ 自分を信用する     
  

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する