FC2ブログ

老いたときの「我 が子のため」☆☆☆

  • 2019/03/03(日) 02:08:04

きょうは、春日となる はれ。

そんなおり、介護について、勉強してきた。

この国は、今年、5月より、新年号になる予定だが、

新年号時代の社会をささえる新年号児たちと、ささえられる側の高齢者たちの関係は、

世界中が、注目するほどの超超超高齢化日本社会である。

なにを注目しているかというと、新年号児たちが、

20年後、1人で、5~8人の高齢者たちの保険、年金を主とした、

社会制度をささえ切れるかという点である。

今のところ、25万の月給では、やっていけない。

国は、ありとあらゆる予算を見直し、さらに、

なにの予算を重要とするか、今すぐにでも精査しなければならない状況である。

そして、誰もが、年をとるため、

親側は、どうやって我が子の負担にならないような介護環境を、
健康な今のうちから考えておかなきゃならないほど、切羽つまっている。

年は、とりたくないといっても、この願いを 神様は、誰ひとり叶えてくれたことはない。

親自身、介護環境を整えるのに 我が子の力を すべて借りようとしている親がいたら、

我が子に、無下もなく見放されることになろうとしている時代が、
もぅ来ている。


親が、「我が子のため」を思うのは、なにも、子育てだけじゃなく、老いてなお、「我が子のため」を思えるかの時期は、思った以上に早くくるだろう ・・・(^o^)/


きょうの吉兆の報らせを運ぶ、吉鳥は、

△  ワシカモメ  吉鳥ことば・・・ やすらぎ     
  

この記事に対するコメント

30年後

あきちゃん
いつも書きたい放題、ワガママを言っていて
すみません…が、ヒントがほしくて、また投稿します。

実は、3月24日に小布施町というところで
「30年後の学校給食」というワークショップに参加します。
30年後の給食はどうなっていてほしいか、
どんなものを未来に残しておきたいかなどを、みんなで語り合う予定です。

それに参加するにあたって、
30年後の日本、信州、社会を具体的にイメージしておきたいです。
なにかヒントになることがあれば、教えてください。


  • 投稿者: 長野しん
  • 2019/03/04(月) 23:45:52
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する