FC2ブログ

見る、よーく見る ☆☆☆

  • 2019/02/22(金) 05:57:02

きょうの薩摩は、 うす雲が張ってるものの はれ。

昼から、どんどん気温もあがり、すでに、桜島は、

春の陽気だった。

ちょっと時間があいたとき、「七つの会議」を観にいった。

きのうも、そうだが、主人公は、

小説でも、映画でも、会社内も、流れも、会社の未来も、上司も、自分の愚かな過去でさえ、会社のお荷物的存在ながら
「よく見ている」。

人生でも、よく見ている感覚の持ち主と、

よく見ている風なだけで、実は、ほとんど見ていない感覚に慣れてる感覚の持ち主とで、

心の成長や、学ぶ吸収力に大きな開きがでる。

当然といえば当然だが、なんで、よく見ている風の人の数の方が
多いかといえば、

ほとんどが、自分の都合の良いものを見るクセがついているからである。

都合の良い見方とは、損か得か、めんどくさそうか そうでないか、

責任を負わされそうか そうでないか、

楽か、しんどそうか などである。

主人公は、自分の過去から逃げ続けてきたのだが、

人生の勝負どきで逃げるのを やめる。

この感覚が働くから、真実に、たどりつく。

これが、映画でなく、人の人生でも、実際に 逃げのきかない局面にでくわす。

そのとき、小手先の口八丁手八丁では 難を乗り越えられるわけもない。

そうならないために、

普段から「よく見る」クセを、生活の中で つけていく必要がある。


よく見ている人は、数々の難を裁き、福を引き寄せる ・・・(^o^)/


きょうの吉兆の報らせを運ぶ、吉鳥は、

△  ウミガラス  吉鳥ことば・・・ 培われた眼力    
  

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する