FC2ブログ

苦労あってこそ ☆☆☆

  • 2019/01/26(土) 03:06:06

きょうは、晴れから、だんだん、冷えを呼ぶ雲が広がる天気となった。

日が落ちると、一段と冷えた。

こんな日を、昔は、寒の内 といった。

寒の内の身を切られるような寒さ、などといったものだが、

寒の内、寒中を 望む職業の人たちもいる。

この寒い時期に合わせ、日本人は、さまざまな物を編み出してきた。

ひとつは、寒さで雑菌が少ないこの時期に、「寒造り」と呼ばれる、
お酒の醸造。

ひとつは、カビが生じにくく、長く保存しやすいこの時期に
寒もち。

そこに、寒ブリ、寒しじみの、味付け。

この寒さを、寒い寒いと嘆くのではなく、

別の形で、活かしてきた智恵が、日本人にはある。

あるというのに、今は、その智恵さえ、ネットで探そうとする。

智恵を編み出すとき、その智恵を編み出すために必要な要素が、
一連の流れで載っているかというと、
残念ながら、ネットには、載っていない。

智恵は、苦労の末に編み出されるもの。

そんな話しを、ある業界のプロフェッショナルたちに、おはなししてきた。


苦労したくない者には、決して、智恵の神は、力を貸さない ・・・(^o^)/


きょうの吉兆の報らせを運ぶ、吉鳥は、

△  アメリカンヒドリ  吉鳥ことば・・・ 苦労の向こう側に福がある。   
  

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する