FC2ブログ

年の瀬に、神の子の「言 魂」をいただけた ☆☆☆

  • 2018/12/28(金) 01:55:06

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

きょうは、はれたり、くもったりの、冷える日となった。

奈良から江戸、江戸から三重は松坂、

松坂から、島根は倭文(しとり)へ。

この年の瀬に、53ちゃいの鶴のおっさんが、

西へ東へ、また西へと、飛びまくる鶴である。

来年は、天災による延期を予想して、

パンパンのスケジュールに、すき間をもたせたスケジュールを組まねばと、今年は、しっかり学んだ。

とは言え、すでに、来年度の依頼が入っている。

でも、子どもたちと絵本を通じて読あそびするのが、

あるときは、魂を浄化してもらえる点滴になり、

あるときは、五感を新品にしてもらえるクリーニングになり、

そして、あるときは、神の子に出逢い、その子を通して、

めったに食べれない「大好物」をいただくに等しい、

神様からの次の道しるべとなる「言魂」をいただけるため、

その「言魂」をいただこうと、西へ東へ、トレジャーハンター的鶴の動きをしてしまう。

鶴のおっさんは、あの神の子の名言が

「大好きな物と書いて、☆大好物☆になってしまった」(笑)

今年は、北は旭川の4ちゃいのどさん子、

南は、沖縄の5ちゃいのウミンチュから、

そろって、「大人なら、じっとして話せないの?」と言われたとき(笑)、

神の子という神様からの「言魂」を感じた。

あれから、数ヶ月後、月山に寄らせてもらい、

じっとして話せるよう、「まったり」させられてしまったのである。

日本中の子どもは、いつでも、神様のよりしろとなるので、

みなさんも、子どもたちを通しての神様からの「言魂」を

来年は、受け取ってみてくださいな。

きょう、因幡國の一の宮、倭文神社のそばの神の子より、

「おじちゃん、冬に はだしでいると、鼻みず垂れるから、ちゃんと靴したを はかなぁ」(笑)と、

ぼくの健康面を心配してくれる「言魂」をいただいた♪

うれしいな、ほんまに☆☆☆


良き 活力となる言葉は、その日会った純朴な子どもから、「親身に思ってくれる」一言の中に神様が宿っているとき  ・・・♪


362日目の名言は 
   
   年齢が進めば「快いもの」の中身も変わってゆく。
   それゆえ若い人々は友人になって親しくなるのも早いけど
   疎遠になるのも早いのである 
                    アリストテレス   ◯                                                  
   ☆年齢とともに、良いと思うものは変わっていく。
    特に若いころは。好き嫌いに波があり、感情に流されやすい
    目の前に快楽を感じられるものがあれば、それを追求しがち
    になる。そのため彼らは、親しくなるのも早ければ、疎遠に
    なるのも早い。これは傾向だからしかたない。しかし、
    だからこそ、年を重ねたとき、
    「好(す)き」であり続けられるものがあれば、
    それは、なにより大切にするべき「好(よ)きこと」になる。
    
     

  Good Luck (^o^)/

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する