FC2ブログ

年の瀬の大寒波に備 え、ごころを ☆☆☆

  • 2018/12/27(木) 03:09:01

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

きょうは、午前中、くもりで、昼に 少しはれたが、また、くもり。

夕方にむけ、寒さが増していった。

夕方、大手家電ショップに入ったら、

あしたから、大寒波がくると、4K画面に映る各局のお天気キャスターらが、口をそろえるようにいっていた。

それで、ある局の女性キャスターが、良かれと思って、
「あと、ドライバーの方で、まだ、冬ようタイヤに換えられてない方は、お早めに換えられた方がいいと思います」と言ったとき、

ぼくの少しに離れた年配の夫婦が、それを見ていたのだが、ダンナの方が、

「そんもん、冬やで大寒波ぐらいくるわい。それに、スタッドレスに換えた方がええって言われても、買ってくれもせんのに、おまえ、無理いうなぁ」と言ったので、

チラっと、ぼくが、おっさんを見たら、目が合って、バツがわるそうに向こうへいきながら、

「1回ぐらいの大寒波で、換えてたら、銭がもたんわぃ。それに、少々の雪なら、オレ、運転うまいから、大丈夫やぁ」と、嫁はんに言ってるのか、周りの人に言ってるのかわからなかったが、去って言った。

ずっと、あのおっさんは、ああやって「我を張って」生きてきたのだろう。

嫁はんの方も また 何にも言わないのが、得策と言わんばかりに生きてきたような気がする。

自己判断するのはいいが、

もし、お天気キャスターの予想が、大きく外れ、

大雪になったら、あのおっさん、なんていうのかなぁ。

「おれは、こんだけ積もっても大丈夫。運転してかえるわぁ」とでも、いうのかなぁ(笑)。

みなさんにおかれましては、自分の今までの冬場の常識で自己判断することなく、年の瀬の用心をしていただければと思います。


良き 用心は、人の言うことに耳を傾けていてこそ、いざに対しての「用いるべき」「心」が備わり 用心に用心を重ねてこそ、家族を心配させることのない「安心」を手に入れられる ・・・♪


361日目の名言は 
   
   ある意見を、自分たちの独断で それはダメなものだと
   あらかじめ決めつけて、聞いてみようともしないのは
   自分たちにとっても 有害である 
                         ミル  ◯                                                  
   ☆過去の常識を 現代の常識で見直すと
    「昔は何て恐ろしいことをしていたんだ」と感じることが
    ある。自分が正しいという想定で反対意見の人を
    遠ざけることは、「自分では気がつけない自分」を学ぶ
    機会を、自分で失っていく。よくよく、今の、自分の
    正しさは、未来でも通じる正しさか、考えないと、
    自分に必要な有益な未来を、簡単になくしてしまう有害を、
    自分で冒すことになる。     
     

  Good Luck (^o^)/

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する