FC2ブログ

本年、最後の寺子屋は、 フィナーレとして、これ以 上ない「吉兆」を お授 かりし、一年を締めくくら せていただいた。江戸の みなさん、日本中のみなさ ん、ほんとに、ありがと うございました。 ☆☆☆

  • 2018/12/23(日) 04:15:09

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

きょうの江戸の空は、ねずみ色の雲に おおわれ、昼からは、雨がパラついた。

そんなおり、今年、最後の寺子屋を、WINS汐留にて、

有馬記念を予想しがてら、集まった(笑)。

さすが、きょうは、冬至だけあって、
一年で一番早い夕方となったので、場所を変え、

自分の今年を見つめ 一字、
来年の自分の抱負を 一字で、

それぞれに、亥年を猪突猛進で、駆け抜けてもらうための

「一字を垂れ」

今年最後の寺子屋を、

言魂を「天に向かって立たせ」、しめさせていただいた◎

寺子屋が、終わって店を出ると、今年最後の満月が、
「おつかれさん」と声をかけてくれた。

さらに、地下鉄で移動し、外に出ると、

なんと、ツキヨミ様が、満月に、「虹の輪」の夜化粧をして、
「あきちゃん、良いお年を。来年も、よろしくね」と、

今年、最後の満月の姿に、これ以上ない吉兆の おしるし添えで、見送ってくださった。

きょうの、午前中の天気を見たとき、
あぁ、今年最後の満月は、見れそうにないなあと、思っていただけに、

この年の瀬、ほんとに、ありがたい、月光のお見送りをいただけた。

この吉兆、みなさんにも、来年、お配りさせていただきたいと思う。

月山以後、ツキヨミの神様、ほんとに、お世話になりっぱなしですが、
こちらこそ、なにとぞ 来年も、よろしくお願いいたします。(合掌)

受講生のみなさん、来年につながる、きょうの「一字」を大事にね☆☆☆

そして、この一年、
よくぞ、このあきひろ神様からの、厳しい学びの素である言魂から、逃げ出すことなく、受講し続けてくださり、
ほんとに、ありがとうございました。

来年も、逃げ出すことなく、自らの精進の場として、ご参加いただければと、
特に、江戸組、秋田組、大分組、鹿児島組、山梨組、そして、壱岐組のみなさんは、より厳しい
「明るいくるくる◯ー道」への精進を、励まれますよう 切に願っております。

また、来年は、寺子屋の年間スケジュールを、ブログ上に、あげようと思っておりますので、

北のみなさんから、南のみなさんまで、

自らを厳しい場においてでも、自らの人生を、よりゆたかな人生にしようと精進されたい方は、

江戸寺子屋本山にて、さまざまな厳しい壁となる内容を ご用意し、お待ちしておりますので、

笑顔磨きによる、邪気祓い感覚で、ご参加していただければ幸いです。

そして本年、日本の各地で、ぼくの出張寺子屋を受講され、言魂を浴びたみなさんにも、この場をお借りし、お礼申し上げます。

この、あきひろを、招いてくださる出張寺子屋を開いてくださった
スタッフのみなさん、
また、その出張寺子屋に、ぼくの言魂を浴びに、足を運んでくださったみなさん、ほんとに、ありがとうございました。

みなさん、年末まで笑顔絶やさず、良い お年を ☆


良き 一年の締めくくりと成るとき、その一年、いろんなドラマがあれど、
必ずや、笑顔、一年を振り返っての自己発見、そして、自然からの おしるしの 3つの恵みが現れる  ・・・♪


357日目の名言は 
   
   幸福は、それを有しているときでないと 幸福かは わからず、
   推理も 予見も 不可能なのである
                        アラン   ◯                                                  
   ☆幸福は、自分の手の内にある限りにおいてしか、それが、
    幸福とはわからない。自分の手の内になく、世間の中に
    ある幸福は「幸福の姿」をしていないので、それを見ても
    「幸福だ」と認識できない。自分で手にしない限り、
    何が幸福であるかを予見することは不可能である。
    幸福に似た姿をしているものでも、実際に手にしたら 
    違った、わたしには、そんなに、幸福に感じなかった、
    などとということが、往々にして起きるが、
    人生においては、なんら不思議なことではない。
    幸福は、自ら、自らの励みに応じて、
    自らが、気がついてこそ「幸」も「福」も味わえる。
    他人様には、決して、その幸福の味は、
    同じ「味」として、味わえないと、識るべし、である。

    


 
  Good Luck (^o^)/

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する