FC2ブログ

昼には、太陽のあかり、夜 には、月のあかりを浴びて こそ、明るい人生(みち) が、ひらかれる  ☆☆☆

  • 2018/12/20(木) 04:15:03

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

きょうは、少し、冷えがゆるみ、ここちよい 晴れ。

夜は、夜で、お月様の、ここちよい あかりを浴びた。

そのあいだ、いじめに遭い、学校に行けなくなった高2女子に会っていた。

年度始めに、クラブ内で、いじめに遭い、

いじっ子側は、顧問を通して、みな、反省文を書いてきたらしいのだが、

主犯格の子の反省文を数行読んで、心からの反省文ではないことを感じ、もぅ、他の子の反省文も、読む気がうせたという。

いろいろ話しをしていて、

ぼくが、
「いじめられた側は、あいつら、一生、許さないって思うほど、いじめられたときのアングルや、声や、雰囲気が、脳裏に焼きついたやろなぁ」というと、

その子が、「うん」と言いながら、泣きくずれた。

そこで、「でもなぁ」と言いながら、
その一生、許さないって気持ちを、時間かけて、断捨離していかないと、君の将来は、暗くなりっぱなしになるからと、

なぜ、断捨離した方がいいのか、

なぜ、断捨離しないと、人生が、暗くなるのかを、

少女コミック「繰繰れコックリさん」が、大好きな娘だったので、

その中の登場人物で、やさしく、もふもふトークで説いてあげた。

そして、どうすれば、主人公の、こひなのように、

何をおいても大好きなもの、カップメンを、見つけられるかについて、おはなししてあげた。

「あっ、あきひろさんのいった通り、夜のあかりの月が出てる」と、月に照らされた顔は、いい表情、いい目、いい声だった。

帰り際、きのうに引き続き、お力添えをいただき、
ツキヨミ様、ほんとに、ありがとうございます、と お礼申し上げた。


良き 乗り越えは、本人の力で、イヤなことを忘れ去り、その空いたスペースに、楽しいことを、いくつも入れていくことである  ・・・♪


354日目の名言は 
   
   人は他の人に自分の罪をざんげしてしまうと、
   その罪を忘れる、しかし通常相手のほうは
   それを忘れない
                フリードリヒ・ニーチェ   ◯                                                  
   ☆キズつけてしまった相手に自らの罪をさらし、謝罪する
    ことで、加害者は罪悪感の重みを軽くする。これが、
    ざんげの効能である。しかし、被害者側は、キズつけられた
    過去が消えるわけではなく、謝られたぐらいでは
    心も軽くならない。すべては、時間が解決してくれるなどと
    軽々しく言ってはならない。キズつけた側、謝罪する側は、
    その重みを受けとめ、よくよく考えねばならない。
     

 
  
  Good Luck (^o^)/

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する