FC2ブログ

久しぶりに、宮沢賢治文学に触れ 、過去から学び、その学びから、 気がついたことを練りこんで未来 に活かす大事さを 得られた ☆☆☆

  • 2018/12/14(金) 02:15:04

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

大安吉日のきょうも、かなり冷える天気となった。

たまに、光がさしたときだけ、ぬくもりを感じられたが、

ほとんど くもりで、夕方、少し しぐれた。

年の瀬も、どんどん、せまってきた。

夜、目黒で、とある先生と待ち合わせ、タクシーで、

自由ヶ丘まで ラチされ、ちょっとした会のゲストとして、

無理やり出演させられ、

宮沢賢治のセロひきのゴージュについて、その先生と、

ジョイントしていた。

賢治文学は、どの作品も、読者の理解力が問われる部分があるが、

あえて、ぼくは、小学生レベルの喩えをしたり(笑)、

去年、宮沢賢治博物館に寄ったときの貴重な資料ばなしをしたり、

言魂を飛ばしまくった(笑)。

先生が、会をしめ、

帰りのタクシーの中で、

「あきひろくん、ほんとに、ほんとに、きょうは ありがとう、助かった。
それで、きょう、だましたみたいな形になって、言いにくいんだけど、また、次も、お願いできる?」と言われ、

先生に、愛あるデコぴんを、打たせていただいた☆☆☆(笑)

先生、未来の安心感を得ようと、前予約を取っておきたい気持ちは、わかりますが、
今一度、あのとき、あのときも、さらに あのときのことも
よーく 過去を思いだしてくださいね♪


良き 未来を築きたいときは、自らの過去と向き合い、そこから、学び練ること ・・・♪


348日目の名言は 
   
   未来にばかり関心を奪われると、ありのままの現在が
   見えなくなるばかりか、しばしば過去の再編成を
   したくなる
                 エリック・ホッファー   ◯                                                  
   ☆未来のことや理想にばかり心を奪われていると、自分の
    過去を受け入れられなくなる。海外旅行に行くのに、
    パスポートを用意するがごとく、未来に向かうのに、
    自らの過去の詳細を提出するよう求められたりする。
    そのとき、人によっては、パスポートを偽造して、過去を
    書き換えようとしたりする。だが、それで過去が変わる
    わけではない。どの人生も、過去を受け入れながら、
    進む意志がいるのである。
  
  

  Good Luck (^o^)/

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する