FC2ブログ

昔の勤め人と、今の勤め人が 、同じと思うなかれ  ☆☆☆

  • 2018/12/07(金) 05:04:03

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

きょうの新宿は、朝から雨、そして、夜には あがっていた。 

今の子育ては、わが子が、社会人になっても、安心はできない。

昭和時代にあった、
一度入ったら、3年はガマンしてやりなさい、
そんな精神的意思は、今は むかしである。

社会人になって、一発目の着任した部署の上司と合わなければ、
次の日から会社に、行かない、
その会社を すぐ辞めて、次の会社にいく、
そして、また上司と合わなければ、辞めて、次の会社へ。

今は、どこの会社も、若い人材確保に躍起になっているからできるが、

「やりたい職種の会社」に勤めるのではなく、

だいたい、この感じの職種の会社に勤められたらいいけど、
入ってみて、うるさい上司に、あたったら、また辞めて、次にいこう、
そんな感じで、職種は入り口なだけで、あとは勤めてみて、
上司や、先輩との兼ね合いで、その会社に勤めるか勤めないかの傾向にある。

そのため、再就職アプリは、20代 ~ 30代前半の10人中 7人が取得している。

新時代の若者は、
「もぅ社会人なんだから、しばられることはない。バカな上司や、合わない上司に、ガマンしてまで なんで働かなきゃなんないんだよ。そこまでして働きたくない」という働き方になっている。

若い人から、バカな上司と思われる年上の共通点は、
「無理な精神性を振りかざすタイプ」である(笑)。

僕も、かなり、若い人に無理を言うが、ありがたいことに、向こう側が、つき合ってくれているのだろう。

もし、職場で、若い人たちと触れる年上の方は、
自分の時代は、さんざん無理なことを言われたからと、
若い人に、無理を言う場合は、ご注意くだされ。


♪夜は、数名で、「かぞくいろ ~RAILWAYS わたしたちの出発~」を観にいった。

そしたら、トークイベントの時間帯にあたり、

有村架純ちゃんが出てくると思いきや・・・

なんと、お笑い芸人のTKOの木下さんと、木下さんのお母さんと、演歌歌手で、撮り鉄の徳永ゆうきさんでのトークだった(笑)☆☆☆

きょうの映画を観てのキーワードは、
鹿をひいても 気にするな です(爆笑)

この意味は、家族も、それぞれ、いろある人生、

自分の人生も、10代、20代、・・・やがて80代と歩むあいだ、

色彩り、いろある人生の方が、◯◯◯であるところから、きているので、誤解しませんように(笑)。

良き 精神性を宿すことは、事を成すためのささえとなる  ・・・♪


341日目の名言は 
   
   社会は、自ら求めるところのない人には何も与えない。
   求めるといっても、それは絶えず、継続してのことである
                        アラン   ◯                                                  
   ☆一度に多くを得ようとする考え方では、何も得られ
    ないことのほうが多い。思いたった勢いで、3日間のみ
    必死になるだけでは「本当にそれを求めている」とは言い
    がたい。野心があるのは、何か求めるものがあるということ
    だが、その欲求が継続的なものにならなければ何も成し遂げ
    られないだろう。夢も目標も、一夜漬けでは
    手に入れることができない。さてさて、これからの若者は
    どんな精神性をもって、社会で、成し遂げていくのか、
    楽しみである。
    
  
  
  Good Luck (^o^)/

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する