FC2ブログ

ぼくの今年の流行語 は?(笑) ☆☆☆

  • 2018/12/05(水) 00:27:04

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

きょうの天気は、くもり。

平成最後の流行語大賞が、「そだねー」に決まった。

「そだねー」に、決まったものの、この言葉、

ぼくは、普段、ほとんど使わないが、どこかで、使ってみたら、
変な、タイミングで、使いそうな気がする(笑)。

それならと、ぼくの今年の流行語はというと、

今年の旅をふりかえってみて

前半が、「~~なんですものね」で(笑)、

後半は、むやみやたらと、「わっぜ」であった(笑)。

いやぁ、どっちも、なんか、好きやね。

なにかを、好きになるのは、大きくわけると2種類ある。

ひとつ目は、小さいころに、楽しかった影響を受けたもの、また、プロ選手に会ってカッコいいなど、あこがれ的心を奪われたものなど、積極的に好きになっていくもの、

もうひとつは、初めて食べてた味、聞いた音、嗅いだ臭い、触れて気持ち良かったもの、なんとなく行ったら雰囲気がよくハマってしまったもの、わけもわからずやったものなど、積極的じゃなかったのに、これ なんだろと思っているうちにハマって好きになっていったもの、とがある。

ぼくがあげた流行語は、どちらも、ぼくの耳には、

とても耳障りが、ここち良いのである。

みなさんちでも、今年の家族の流行語は、なにになるか、
楽しんでみてくださいな。


良き 心地よさは、ナチュラルな感受性が働く、自然体のとき降ってくる  ・・・♪


339日目の名言は 
   
   私が哲学に向かっていったのは むしろそれまで首を
   突っ込んでみた他の学科を 私が好きになれなかった
   ためであった。
                   レヴィ=ストロース   ◯                                                  
   ☆民俗学者でもあったレヴィ=ストロースが哲学研究に
    向かったきっかけは、他の学問にのめり込めなかったことに
    ある。レヴィ=ストロースはその後、民俗学にのめり込み
    インディオ文化の現地調査に力をそそいだ。
    何かを好きになるきっかけは、すべてが積極的なものとは
    限らないのである。

 
  Good Luck (^o^)/

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する