FC2ブログ

今までの空回りの気合いから、こ れからの的を得た 気合いへ ☆☆☆

  • 2018/11/28(水) 05:47:04

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

きょうの、秦野の朝は、初冬の空気らしい、青空広がる 晴れ。

高台から相模湾を見下ろすと、

太陽の光が、水面に、光の筋を走らせる。

アボリジニでは、あの光の筋を歩いていくと、明るい神様のいる国にいけると云われ、

そのため、生きているときから、明るく働き、明るく人と接し、明るく日々を送ろうとする。

きょうの光の筋は、べたなぎのおかげで、太く長かったので、
とても、キラキラキレイな、サンシャインロードだった☆

そんなサンシャインロードの印象が強かったのか、

ワニ子率いる、何でもかんでも噛みついてきた、ヤンキー精神が、
今、妻となり、母となっても、その感覚がなかなかとれないため、

わが子にも、ダンナにも、ちょっとしたお店の定員にも、

自分の培ってきたヤンキー的筋に、合わないなければ、つい噛みついてしまい、

噛みついたあとで、「えっ!そうだったの」ということが増え、

わが子が、小学校の高学年になると、わが子から、しょっ中、
「それは、今の世では通じないの」と言われ、

自分が経験してきた筋が、これからの自分や、家族に、弊害にしかならないことばかりだと、ようやく気がつき、

「あき兄ぃの言った通りになっちゃった。わたしらに、これからの筋を教えてほしい。もぅ、今までの筋は、あき兄ぃの言った通り、まったく通じない。今年中に、一つでもいいから、教えてください」とのことで、

3年ぶりに、ワニ子の地区に寄った。

開口一番、
「てめぇ、ふざけんじゃねぇ」と、女の子が、そんな乱暴な口の聞き方をしてはいけませんっていわれ、
一切、乱暴な口を聞かなくてすんだ、女の道を歩んでいたら、どんなに良かっただろうと思う元ヤンの人、手をあげて?と言ったら、

みなが、半笑いしながら、恥ずかしそうに手をあげたので、

「おまえら、かつて、そんな女の子が、気にいらんと思って カツアゲしたり、イジメたおしたりしてきたわけやけど、
今、そのバチがあたってるんやなと、素直に思う人?」

これも、ほぼ全員手があがった。

でも、4人だけ手があがらなかったので、その4人に、一人ずつ何で手をあげやんだか聞くと、
ひとりは、「わたしは、元ヤンじゃなかったから」
ひとりは、「わたしの、その当時、つき合ってた男に、色目つかったから」
ひとりは、「うち、バチとかあるのか、良くわかんなくて」
ひとりは、「わたし、なにやっても、うまくいかなくて」とのことだった。

そこで、
「まだ、みんなが、ヤンキーするはるか前、幼稚園か、保育園かいってたころ、そのときの自分を思い出してみて」と言って、

1冊の絵本を読ませてもらった。

そしたら、かなりの元ヤンの目に涙が浮かんだので、

「なっ、親の気持ちは、親にならんとわからんやろ!もし、今、必死で、育ててるわが子が、これからのち、あのときの自分みたいな、ヤンキーになったら、親として、めっちゃ困るやろ。
別に、自分のDNAが発動しただけやから、困らんって人?
・・・さすがに、手があがらんな。
やっぱ、元ヤンでも、わが子には、少しでも良い子に育ってほしいんやね?
良い子でなくとも、普通に育ってほしい人?
・・・おぉ、これは、みんな手があがったね。
じゃあ、ようやく、自分の意志で、ここにいる全員が、手をあげたとして、
今から、こんなくるくる◯ーなことしかしてこなかったわたしのわが子に、
なんとか普通に育ってくれるための、家庭内での、これからの新しいわたしの、母としての筋について、話そかな」と言って、

今までのヤンキー的わたしの身勝手な筋と、

そのヤンキー的わたしの身勝手な筋で、残しておいてもいい筋、
残しておくとロクなことにならん筋、

そして、必要ではない筋を、自然に断捨離しながら、
これから新しい時代を、わが子が明るくパワフルに生きぬいていってほしい、その願いを土台にした、
母として新らたにこれから必要とされる筋について、

ワニ子を、今までの昔のヤンキー的母役、

さっき手を上げなかった、4人、t美、m美、a菜、i久を、
新しい筋を宿していく母役で、

これからわが子が高校受験、大学受験を迎えたとき、

また、わが子が、悩んだときの対処、対応は、どうするか、

筋の通った、母としての言葉を、実践形式で見せてさしあげた。

途中、a菜が来ていた、プーマのジャージを借りて、
このおっさんが、ワニ子とコンビを組んで、イカヅチのアキ菜として(笑)、
最低ワルママを演じさせてもらったら、

みんな、「いやぁーーっ」と悲鳴があがり、

会場の受け付けのおじさんが、「どうしましたぁ!」と、会場に飛びこんできて、超絶大爆発大爆笑☆☆☆

最後に、智恵多き、イソップ絵本を 読ませていただき、おしまい。

そしたら、最後のお礼で、
ワニ子に続き、
「あき兄ぃ、ほんとに、今日は、あざぁーした」と、気合いの入ったお礼を頂戴した。

みんな、おおきんなぁ。

きょうのキーワードは、
ワニ子「てめぇ、ふざけんじゃねぇ」
あき菜「もぅいいや、ひっぺがしてやるーっ」
「いやぁーーっ」
管理人「どうしましたぁ!」です。超絶大大大爆笑◎

元ヤンのみなさん、これからは、
「わが子の明るさ守るのに、昔も、今も、関係ねぇ」的筋で、

堂々と、明るいくるくる◯ー「母ちゃん」をして、
母ちゃんの光の道をつくってあげてやぁ。

ワニ子、おまえ、いつから、そんなに泣き虫になったんじゃ、あぁ?

やっぱ、おまえ、もぅ1回、聖子ちゃんカットにして、気合い入れなおせ(笑)

次は、最後みたいに、笑顔で会おうぜ、ワニ子ぉ。


良き 気合いは、どんなに時代が変わろうと、大切なものを守るためにこそ良質な気がサンシャインロードのように発動される  ・・・♪


332日目の名言は 
   
   人生のルールは 私たちに、決して戦いを放棄しないことを
   求めているはずです
                   V・E・フランクル   ◯                                                  
   ☆私たちは、一人ひとり、人生から、
    「どんなことをしても勝ちなさい」と言われているわけでは
    ない。
    私たちが、人生から、求められているのは
    「何があろうと、生きること、生きようとすること、
    そこの戦いを、放棄しないでほしい」ということである。
     

 
  
  Good Luck (^o^)/

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する