FC2ブログ

母の一言は、わが子を孤独に もし、落ち込んでいるところか ら、一気に元気づけしてあげ られる力を持っている ☆☆☆

  • 2018/11/24(土) 10:13:15







☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

夜中ごしで、宇都宮から、秩父をかすめ、

きょうの甲斐の国の朝は、むちゃくちゃ寒い はれ。

そんな寒さの中、24時間営業のマックは、あったかいオアシスとなる。

午前中、諏訪湖のほとりにて、子育て真っ最中のお母さんたちに、
おはなし。

どの家にも通じる子育ての極意があるとすれば、

明るい雰囲気の中で、親子が笑うことぐらいでしょう。

でも、上の子、下の子、でも、性格が誓えば、

親の育て方に、違いが出て当然である。

だが、一言で片づけようとする心ない一言では、わが子は、
その一言で、孤独感を宿すかもしれない。

そこで、そんなことにならないよう、
よくあるパターンから、男の子ひとりっ子系、女の子ひとりっ子系、男兄弟、女姉妹、兄妹、姉弟に対するあたたい一言パターンや、

また、被災地でのレアでキュンとくる一言パターンまで、 

母のわたしが、普段、接している接し方での一言を、

こんな風に変えていく必要が、近い将来いるんじゃない?という形で

実演させてもらった(笑)。

最後に絵本を読ませていただき、おしーまい。

みなさん、大笑いしながら、聞いてくださりありがとうございました。

会が終わってから、主催者のMUと、スタッフのSゆり、かか、ひ◯りに、

神社に、邪気を祓いに一緒に行ってほしいと切にお願いされ、

それならと、秩父神社へお詣り。

すると、本殿まで、ものすごい行列。

境内に、青空に栄える見事な大銀杏。

ようやく、本殿前にきて、二礼二拍手一礼。

お詣りを終え、思った。お詣りに、つきあって、良かった、と。

秩父の神様より、ご利益を授かったので、

虎の親子の訓えを、みなさんにも、プレゼント。

どうか、みなさんの子育てに、活かしてみてくださいな。


良き 一言とは、その一言で、わが子の雰囲気や、その人に、
元気づけしてあげられる言葉を用いることである ・・・♪


328日目の名言は 
   
   孤独は山になく、街にある。
   一人の人間にあるのではなく 大勢の人間の「間」にあるので
   ある
               三木 清   ◯                                                  
   ☆まさに。人が集まる街には、人と人の「間(あいだ)」に、
    孤独をかかえる人が生まれる。ときに、家庭内でも、
    孤独を味わう人が出たりする。
    人は、一言で孤独になったりする。
    そして、人は、そんな孤独を味わいたくないと、
    孤独を恐れるあまり、人をキズつけてしまうのである。
    母の一言は、出きるだけ、あたたかな言葉であって
    ほしいものである。
    これをフロイトは、
    「ヤマアラシのジレンマ」と名づけた。
     

 
  
  Good Luck (^o^)/

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する