FC2ブログ

大分は、日田の ひのくま保育 園の園児のみなさんと ☆☆☆

  • 2018/11/17(土) 07:07:02

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

天領、日田の朝は、くもり。

そして、久しぶりに、ひのくま保育園に 寄せていたたいた。

最初に、未満児さんたちと、読あそび。

このとき、1才~2才のクラスの男の子、女の子らが、

身体を左右に振りながら、笑顔で、迎えてくれたので、

なんか、心を、マッサージしてもらい、

もぅ、好きにしてくださいって感じにしていただいた。

数冊読んで、その1才~2才さんに、真っ白い女の子を見つけた。

むちゃくちゃ、肌が白く、来ていた白の服と同じ色に、驚嘆した(笑)。

次に、年少ぐみから、年長ぐみのみんなと、読あそび。

こっちは、こっちで、なんとまぁ、昭和的オーラだこと(笑)。

むちゃくちゃ、子どもらしい空間で、絵本を読ませていただいた。

ほんとは、写真を撮りたかったが、

あまりのハジけた笑顔に、気分を良くして撮りそこねた。

やっぱ、子どもたちは、すげぇ光を放っている。

職員のみなさんまで、笑顔で聞いてくださりありがとうございました。

最後に、おちぃーまいと 言ったら、

おちぃーまいと真似してくれた。

やっぱ、昭和の匂いがする子たちに、真似されるのは、

なんか、むちゃくちゃ、うれしい(笑)。

そんな笑顔に影響され、天も喜び ひととき晴れとなった。

良き 時代からの贈り物の一つは、いつの時代も、子どもたちの無垢な 満面の笑顔である ・・・♪


321日目の名言は 
   
   弱者にとって誰か他人に似ているということほど
   大きな慰めがあるだろうか
                 エリック・ホッファー   ◯                                                  
   ☆誰かに似ている、ということは、確固たる自己を
    持っている人には侮辱となりうる。一方で、自分を
    持っていない人には、喜びや、なぐさめになりうる。
    もし、今より、心の強さを求めるなら、他の何ものにも
    似ていないオリジナルな自分を目指すことである。
    でも、でもである。
    純心無垢な子どもたちに、真似をされて、だれもが、
    悪い気がしないのは、罪がないからである☆(笑)。

    
  
 
  Good Luck (^o^)/

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する