FC2ブログ

自分は、やっかいでも あったり、わかりやす かったりしながら、自 分を整えていく ☆☆☆

  • 2018/11/10(土) 07:14:05

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

きょうは、雲の多い はれ。

そんなおり、移動しながら、

人が人を思ったり、人が人に期待したり、

人は人を信じれたり、人は人を切ったりする、

人の気持ちの移り変わりについて思考した。

自分に自信がある人と、

自分に自信がない人とでは、

自分が、人に対する 根本の思いが はっきりちがう。 

また、自分のことしか考えない人と、

自分のことより人のことばかり考えている人とも、

はっきり、気持ちがちがう。

自分を持っていることは、その自分が 自分でやっかいになったり、

自分を持っていないことで、自分が人をあてにしてしまったりする。

人の内面は、表からわからないので、

その人の言動や所作から、その人の良い面、悪い面を見抜いて、

自分には なにができるのかを よく考えるクセをつけることが、

自分で、自分を、わかりやすくすることにつながっていく。

今は、自分で、自分を わかりにくくしてしまう人が多いので、

自分を持っていると、その自分が、許せなくなることを

やらかしやすい。

自分という、やっかいな自分を、整えることは、

いつも、自分を、見やすい状態におけるので、

自分を わかりすくすることにつながる。


良き 心の状態とは、余分な負荷がかかっていない状態に、自分で整えることができることをいう ・・・♪


314日目の名言は 
   
   自分の考えを信じること、自分にとっての真実は、
   すべての人にとっての真実だと信じること
   それが天才である
                  ラルフ・ウォルドー   ◯                                                  
   ☆他人の顔色をうかがい、意見をすり寄せようとするのが
    凡人だとすれば、天才とは、自分が考えていることに他人も
    賛同するにちがいない、と信じぬけることができる。
    天才にとって、自身の信念や行動原理に対して
    一番信頼のおける批評家は、自分自身なのであろう。
  


  Good Luck (^o^)/

この記事に対するコメント

あきひろさんへ

「もう少し詳しく知りたい。」と思って、
コメントを残します。

「人の内面は、表からわからないので、
その人の言動や所作から、その人の良い面、悪い面を見抜いて、
自分には なにができるのかを よく考えるクセをつけることが、
自分で、自分を、わかりやすくすることにつながっていく。」

「その人」というのは、「他人」を意味しますか?
それとも「自分自身のこと」なのかな。はたまた違うもの?
ことわざにある、「他人のふり見て我がふりなおせ」と
考えていいのかしら。

もし可能でしたら、教えてください。

北信州は、朝晩だいぶ冷え込むようになりました。
先週、火打山を見たら、ずいぶん雪をかぶっていました。
あきちゃんは、どの辺りにおられるでしょうか。
身体を壊さないように、ご自愛ください。

  • 投稿者: 長野しん
  • 2018/11/11(日) 07:22:53
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する