FC2ブログ

気持ちいい風にいざなわれ 、包んでもらった ☆☆☆

  • 2018/10/29(月) 05:05:04

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

きょうは、さわやかな風が吹く、秋晴れ。

むちゃくちゃ、風が気持ちいい日だった。

そんな気持ちよさが、お告げだったのだろう◎

昼から、先天的に、目の不自由な子たちが、

ある家に集まり、ハロウィンパーティーがあるので、

もし、よかったら 顔を出してください、とのことで顔を出しにいった。

そしたら、あの子らは、このおっさんの「足音」で

「あきひろさん、来たと」と、Sちゃん(小4)が言ったのを機に、

リビングの扉をみたら、このおっさんが、

「おーい、オバケしてるかぁ」と現れ、大爆笑)))))

彼らは、目は、見えなくとも、

神様から、ちゃんと「音で視える」能力が授かっている。

いろんなゲームを楽しみ、

最後に、プレゼントがてら、絵本を読ませていただいた。

帰ろうとしたら、Sちゃんが、「次は、いつくると」といいながら、

ハグをしてくれた。

なんと、さわやかで、気持ちいいハグだろう。

「Sちゃんが、100回、メソメソしてたら、メソメソ菌で、オレがここに来る日が伸びるし、きょうみたいにニコニコしてたら、ニコニコ菌は、明るいから、オレが、呼ばれやすいかな、
まぁ、Sちゃんしだいやな」と
耳もとでいったら、

「ニコニコ菌いっぱいつくらな、いけんな」と言ったので、

「いけんなって、おっさんか」と言ったら、

ヒザついて、ゲラゲラ笑って、「おっさんじゃなかぁー」と吠えたので、

「あぁ、吠えた、あぁ、そうか、きょうは、ハロウィンやから、狼女のSちゃんとして吠えんねんな」というと

「ちがうー」っていいながら、転げ回って、笑ってた。

気持ちいい風に、ハグされたような日となった・・・♪♪

狼女のSちゃん、むやみやたら、そこらへんのおっさんに、ハグせんようになぁ。

さらわれて、食べられてまうど、ハロウィンだけに(笑)。


良き 知らせは、「自然の足音」とともに、届く ・・・♪


302日目の名言は 
   
   愛は、日照りのあと、草や木が雨で生きかえるように、
   私たちの全存在がよみがえり、新たにされる一つの経験である
                     B.ラッセル    ◯                                                  
   ☆愛のないハグは、不快感、怖さ、イタさがあり、
    けっして気持ちいいものではない。ギャンブルも、
    遊び感覚の範疇を越えて、多額を張ってすったりすると、
    自分がなにを夢みたのか、虚しさに襲われる。
    だが、「愛情」に満ちたハグは、元気がもらえたり、
    やる気がわいたり、心から気持ちいいエネルギーをもらえる

  
  Good Luck (^o^)/

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する