FC2ブログ

夫婦になると、大事な気 持ちを宝箱にしまって、心 の海の底に沈めて、大事 にしているものさ ☆☆☆

  • 2018/10/21(日) 01:12:07

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

きょうは、冷える朝から 暑い昼となる はれ。

そんななか、

「恋ごころを忘れないために」と題する会に、お呼ばれした。

しかけ人の、hる也(36才)と、emな(38才)は、

行きつけの酒場で、飲み知り合いから、飲み友達になり、

やがて、つき合いはじめ、5ほど前に結婚したのだが、

どっちも、今も、「恋ごころ満載だもんねぇ」という夫婦であるが、

今年度の春、離婚を口にするほどの大ゲンカになったとき、

ふたりの友達、トグっちゃんから、このおっさんに、なんとかならないでしょうかとの相談があり、
それぞれと会って、無事、今、別れずにすんでいる。

別れずにすんだのは、あきひろさんが、きっちりあのとき、おやじがわりに叱ってくれたおかげで、今があると言ってくれるのだが、

なんせ世話がやける夫婦なので、きょうは、ドタキャンしたろかなと思っていたほどである(笑)。

会には、酒場の夫婦ばかりが来ていたので、

のっけから、
「はい、全員、目をとじて。
オレ、または、わたしは、この人を選んで良かったと、心底、ここ、大事なとこやからもう一度いうよ、心の底から、良かったと思ってる人、目をとじたまま手をあげてくたさい」

で、32組中、7組は、どちらかが手をあげ、どちらかは手をあげていなかったので、

前に出てきてもらい、この7組のどちらかの「恋ごころ」を、
4つの「イエス」で、まず、修正して、恋ごころをとりもどしてもらった◎

次に、演題の恋ごころを「忘れないために」、

なにをしなければならないか、

なにをしてはいけないか、

自分が見初めた相手は、なにが好きか、嫌いか、

酒が入っていなくても、ダンナを、または、嫁はんを、
大事に思うところは、なにか、

この4つを、自分の心の底に、もぐってもらい、

自分が良くしっている相手に、笑顔がでる「言葉」を探してきてもらい、

それを、お配りした B4の紙に書いてもらい、

それぞれ、前に出てきて、みんなの前で発表してもらった。

これが、予想外の大大大盛り上がり(スーパーgood♪)

嬉し泣きあり、感極まる涙あり、大爆笑あり、即、離婚した方がいい形あり(爆笑)、なめてんのかの形あり(ブーイング大合唱(笑))と、

みんな世話がやける夫婦ながら、「恋ごころを、今もって、ちゃんと互いを思いながら持っている」ことが、わかる会となった。

最後に、すべての夫婦のために、2冊の絵本を読ませていただいた。

きょうのキーワードは、2つ。

1つ目は、「よーく、おぼえとけ。わたしの大っキライは、いつも裏がえしなんだよ、バーカ!(通訳しますね。ということは、全然聞いてへんな。実は、わたし、あんたのことが大好きと、表で思ってるわけ。めっちゃ、かしこい、と、まぁ、こんな感じになるけど、ええかなぁ?)
なにいってだよ、バーカ!
(バカは、おまえじぁ、まっすぐ言え、ボケぇ(超大爆発大爆笑))」

2つ目は、「いつも、ごめん。ほんとに、ごめん。でも、初めて会ったときの、あの、携帯を拾ってくれたシーンは、今も、携帯見るたび、思いだしています。
(あんた、それ、わたしにじゃなく、携帯に恋してんじゃない!?)
(大爆発大爆笑大拍手喝采☆☆☆)」です。

みんな、きょう改めて、再認識した「恋ごころを忘れずニッ(笑)」

hる也、emな、先輩夫婦のみなさん見習って、

これからも、恋ごころを忘れやんように。

あっ、ほんで、hる也、おまえ泣きすぎ(笑)

来年、1年、泣かんように。もし、泣いたら、マスターに出入り禁止にするよう頼んどいたから。

がんばらんでええから、ふんばれ。

みんな、おつかれさんねぇ☆☆☆


良き 夫婦は、甘えあい、イラッとしあい、互いに素直になれずだが、心の底に、大事に思う気持ちを、ちゃんと宝箱にしまっている ・・・♪


294日目の名言は 
   
   性的に引かれ合う二人は、ほんのつかのま、合一の幻想を
   抱くが、幻想から覚めたとき、二人は自分たちが
   他人であることを、いままで以上に痛感する
                  エーリッヒ・フロム   ◯                                                  
   ☆ほろ酔い気分で性的に惹かれ合った二人が、一夜の情熱的な    
    愛にひたる、なんてドラマがある。朝がきて幻想から
    覚めたとき、彼らは自分たちがいかに遠い存在かを痛感する
    肉体を重ねたところで、心の距離が縮まるわけではない。
    人間として、本音で向かい合わない限り、
    心と心は、同じテーブルにつくことはない。


  Good Luck (^o^)/

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する