FC2ブログ

情熱は、注ぐべき方向に、 注がないと・・・ ☆☆☆

  • 2018/10/09(火) 03:10:06

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

きょうは、ずーっと、うすぐもり。

きのうみたいに晴れないかなぁーと思いながら、
八丁堀へ。

八丁堀に着くと、j也が迎えに来てたいた。

j也は、小さいころジュニアモトクロスの選手だったが、練習中に転倒し、
救急車で運ばれ、生死をさまよう大手術をし、無事、命は助かったものの、バイクには乗れない体になった。

それでも、リハビリをつづけること11年、なんとか、自転車をこげるまでになった。

そんなj也が、数年前、葛飾八幡宮にお詣りに来ているとき、

知人を通じて、このおっさんと出逢った。

しばらくして、自宅でも、楽しめるアートアドバルーンとやらにハマりだした。

j也は、一旦ハマると、情熱を持って、それに取り組むのだが、

いかんせん、その情熱を注いでいる最中は、人に対して、

命令口調になったり、急に怒りだしたり、なんらかの難がでてしまい、

結果、周りの人たちが離れていき、心の悩みを抱えるようになった。

そんなj也が、春に、今年度の体育の日に、個展を開くので来てほしいと連絡してきた。

というわけで、j也の個展を見に行ったわけであるが、
個展は、開かれていなかった。

しかたがないので、平謝りの j也と、喫茶店にて、人生相談となった。

邪気まるけのオーラをやどしていたので、近況報告を聞かずに、

「で、j也、これから どうしたい?」と聞いた。

どのこたえも、一人よがりだったので、

「それじゃあ、きょう、j也からの頼みやから来た、オレも、おまえの頼みをちっとも聞かんヤツらの中に、入るんかぁ?」

「・・・・・・」

「おまえの言い分は、すべて、自分自身の中で創った理想の人が、おまえのためになることだけを言うてくれたり、してくれたりする言い分やな。それじゃ、人は離れる。なぜなら、人は、自分がいろんなしたいことをしたくてもせずに、人に、気を遣って、したくもないことをたくさんしてるわけや。そんな中で、おまえみたいに、怒りながら命令するヤツの、なんで言うこと聞かなあかんねんって、なるわな」

「でも・・・、あきひろさんは、こんなオレでも、来てくれたじゃないですか」

「まぁな、超が10コぐらいつくほど、圧倒的明るいくるくる◯ーやからな、オレわぁ。j也が、やらかすくるくる◯ーなことは、小学校の低学年で終わっとるから聞けんねん。一般の人は、くるくる◯ーにならんとこって生きてきてるわけやから、おまえとか、おれとか、そりゃ普通なら、逢いたくないやろ、がははは」とか言いながら、

最後には、j也に
「オレ、ほんとに、くるくる◯ーなんですね。くるくる◯ーのオレが、人になにかやってもらうのに、命令口調じゃ、そりゃ、やってもらえることも、やってもらえないですよね。なんか、まだ、頭の中、ぐちゃぐちゃだけど、自分が、くるくる◯ーってことだけはわかりました」と、くるくる◯ーであることは、わかってもらえた(笑)。

少しは、ものの頼み方が変われば、人との関わりも変わることでやろね。

j也、「明るさ」に、持ち前の情熱を注ぐように・・・☆


良き 自らの捉えをすることが、自らを、一歩前に進ませる ・・・♪


282日目の名言は 
   
   激しい情熱の持ち主は、たいてい思いやりに欠ける人である
                 エリック・ホッファー   ◯                                                  
   ☆人への思いやりの気持ちは、それまで自然に無理なく
    その人の穏やかな精神の現れの一部である。
    激しい情熱を燃やしてもかまわないが、情熱を宿している
    ときは、自分の内なる声がデカくなりやすいので、
    他人を思いやれる自らの心の声をキャッチしにくくなる。
    つまり、人を思いやれる心の状態を、自分の情熱のせいで、
    自ら欠けさしてしまうのである。

  
  Good Luck (^o^)/

この記事に対するコメント

あきひろさん、こんばんは。
今日、モヤモヤすることがあって、ブログ読みに来ました。
そしたら、昨日のも今日のも、なんだか私にぴったりの言葉が。

人の非を責めずに笑って許して…
それをできずに、今日は、やらかしてしまいました(*_*;
しかも、自分の非は簡単に許してしまう甘い自分なのに…恥ずかしいです

明るさも、思いやりも全然足りてなかった(>_<)

ちょっと頭冷やします。
ありがとうございました。
もちょっと謙虚になろうと思いました。
あったかい心で、子供とも他の人とも、付き合えるようになりたいです。

  • 投稿者: ゆきんこ
  • 2018/10/10(水) 00:14:25
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する