FC2ブログ

日本人はかつて、語るより行 動で愛情をこめたものだが、 これからはテレのない言葉に 込めるのかもしれない ☆☆☆

  • 2018/10/05(金) 01:26:04

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

きょうは、いつ雨がふってもおかしくないくもり。

時おり、雨つぶが、パラパラときた。

地下鉄をおりて、地上に出たとき、電話がなった。

電話に出ると、先月、ある地区に寄ったお礼の電話だった。

電話の最後に、相手から
「ほんと、ありがとうございます。ほんと、愛してます」と言われたので、

「オレを愛するには、もっと、地元のみんなを愛して、その愛した地元の人から愛されやな、その権利さえ発生せんなぁ」と、かなり高ピーなことをいうと、

「はい、地元そのものを愛して、あきひろさんを、愛せる魔物になれるようがんばります」と電話をきった、と、その瞬間、

携帯電話でしゃべりながら、ぼくの横を通りすぎた
30前のぐらいの男が、「愛してるってんでしょうがぁ、さっきから」って、イラだった感じの声が聞こえた。

その「愛してる」という言葉を立てつづけに聞いたせうか、その言葉が耳に残り、ふと、思った。

かつて、日本人には、外国映画の中のセリフで、

日本人が、普段のくらしで使う機会は、そんなになかったのに、

年号が変わろとするこの時代、日本人も、普段のくらしで、

「愛してる」って言葉を、照れもなく使える時代になったのかもしれない、と思った。


良き伝え方は、相手に、すべての思いを伝えることにあらず。思いをのたけを、主語 + 述語にシンプルに込めて伝えるべし  ・・・♪


278日目の名言は 
   
   愛情は 想像力によって量られる   
                    三木 清    ◯                 
   ☆どれくらい相手から愛されているか、それを正確に量る術は
    ない。私たちにできるのは、それを想像することである。
    動物には、想像力はない。人間にのみ備わったスキル、
    「理性」「笑い」「想像力」など。どれだけ愛されているか
    それを想像力で量ろうとする行為は、極めて、人間らしい
    行為なのである。
    


  Good Luck (^o^)/

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する