FC2ブログ

読書して、大事なもんを、つかみ 直せたら、安いもんじゃ ☆☆☆

  • 2018/09/28(金) 10:44:06

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

きょうは、くもりのち晴れ。

図書館で調べものをしに出かけた。

そして、数冊の本を借りようと、カウンターにもっていこうとしたら、

「あきひろさぁーん、わーい、こんなとこで会えるなんて」と、邪気まるけのオーラを放つ、バツいちママに出くわした。

「んー、日本語、よくわからない?」と言ったのだが、つかまってしまった。

そのママは、昔、私立の保育園で、主任をしていたのだが、

いろいろあって、今は、介護センターに勤める、キッズルームで働いているらしい。

「たまに、ブログみると、いっつも、わたしに良く似たダメな母のことが載ってて、めっちゃ心がイタくなる」

「おまえに、心があったとは、いっぺんちゃんと精密検査してもらえ。脳みそも、もぅないって教えてもらえるわぃ(笑)」

「言われやんでも、脳みそは、生まれたときからないのは自分でもわかってる。でも、心は、このへんにあるよ、ちゃんと」と胸あたりを押さえたので

「それなぁ、心じゃなくて、ええ男欲しいっていう「欲」やから」

「そんなぁ、でも、そうかも、わはははっ」

「ほな、行くわ。こちとら、月山で、ええオーラにしてもらったばっかりやから、おまえとおると、邪気まるけにされて汚れそうやからな」

「そんなぁ、久しぶりに会えたのに、なんか、ためになる話してよぉ」

「あほか、ギャラも払わんやつに、ためになる話なんかするかぁ」

「そんなぁ」

「おまえ、そんなぁしか言えんのか」

「久しぶりに会えたんやから、ちっとだけ優しいしてくれてもええやん」

「どんな理屈じゃそれぇ。まぁ、ほな、ちょっとだけ優しいしたるわぃ。夢をかなえるゾウって本を借りて読め」

「夢をかなえるゾウ?なにそれ?」

「じゃあな」といって、さよならした。

そしたら、すぐ、借りて読んだらしく、

友達の嫁はん通じて、伝言が夜に、きた。

「一気に読みました。後半は、ガネーシャのセリフみんな、
あきひろさんから言われてるようで、泣きながら読みました。なんにもわたし、わかってなかったということがいろいろわかりました。
あしたから、課題を一つづつ、ない頭つかって、やっていきます。こんなわたしに、ちょっとどころか、大きな優しさをくださりありがとうございました」と。

現代人は、時間におわれて、予定をこなすことで1日をつかいがち。

そんな頭と心の使い方では、大事な感覚や、価値観を失ってしまう。

そんなことにならないよう、読書の秋の足音が近づいてきてるから、

失わないよう、読書するのは、ほんとにいい。

良き 読書は、自分が忘れていた感覚と価値観を取り戻させていただける ・・・♪


271日目の名言は 
   
   文明人は馬車をつくったが、同時に足を使うことを忘れた。
   杖で身体を支える代わりに、筋肉の支えをすっかり失った。
                  ラルフ・ウォルドー   ◯                                                  
   ☆便利になるというのは一長一短の理が働く。自動車は、楽に
    長距離を移動できるが、自分の足で歩く機会を減らす。
    ネットを使えば手軽に物事を調べることができるが、
    図書館や現場にいって調べるほどの知識欲の感覚を
    サビさす。世の中が便利になるとき、新たなものに飛びつく
    のはいいが、それまでの慣れによる巧みな感覚や
    思いやりある価値観を簡単に失ってしまうので、
    新しいものを手にしたときは、前の感覚や前の価値観を
    忘れないように心がけることが肝要となる。 

  
  Good Luck (^o^)/

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する