FC2ブログ

お参りにいったおかげで、 守っていただけた ☆☆☆

  • 2018/09/27(木) 01:16:05

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

きょうは、はれのち、くもりのち 雨。

朝方、東の空からピコっと顔を出したお日さまと、

西の空に、少し、顔を赤くされた仲秋のお月様にハサまれながら

国道を走れるという、むちゃくちゃ贅沢なドライブ。

たまたま、前に、車がいないのも手伝って、

この宇宙に、太陽、ぼく、月だけの道が開けた。

ヤッホー、あっほー、キャッホー、そろいぶみである◎

なにか、ものすごいナイスなことが起きそうな吉兆を感じる。

未来に、なにが、待っているのか 楽しみである。

と思っていたら、軽トラに乗ったおばあちゃんが信号無視して出てきたので、急ブレーキ!

その瞬間、うしろの席においてあった荷物が、前に飛びだしてきて、助手席の足元に、袋がちらばった。

軽トラに乗ったおばあちゃんは、なにくわぬ顔して、通りすぎていった。

ほんまに、まいるなぁ、おばあちゃん、おじいちゃんのドライバーにはと思いながら、
飛び出してきた荷物を助手席に拾いあげようとしたら
袋から本が、こぼれた。パシャ。

こぼれた本の名は、夢をかなえるゾウ。

信号でつかまるのを待って、ようやく本を拾いあげたら、
なんと、ナイスページ。

この前、月山の夜、夢をかなえるゾウを説いたときのシーンが脳裏に浮かぶ。

その拾いあげてみたページは、

あのとき、みんなに、説いていないページだった。

ガネーシャが、ぼくに、「な、お参り行くとええことあるやろ」っていうてる声がした。

もし、夢をかなえるゾウをお持ちの方は、p216 ~ p222を読んで見てくださいな。

お参りに行くなんて意味がないと思っている主人公に、ガネーシャが、お参りにいかせるのを課題に出す章です。

霊山にお参りにいったおかげで、朝から事故にまきこまれることから、早速、守ってもらった気がした。

これからも、お参りする大元の気持ち、忘れるんやないでぇと、ガネーシャが飛び出してきたのかもしれない(笑)。


良き お参りは、良き 守護をしていただける ・・・♪


270日目の名言は 
   
   大きい犠牲のほうが 小さい犠牲よりも好まれる
              フリード・リッヒ・ニーチェ   ◯                                                  
   ☆ある人にとっては、大きい犠牲を払うほうが格好がつく。
    小さい犠牲は、ただの損だが、大きい犠牲は のちに
    武勇伝となりうる。また「私はあえて大きな犠牲を選んだ」
    と自分を讃えることによって、自尊心を高めたりできる。
    大きな犠牲は、ある種の勲章のようなものになったりする。


  
  Good Luck (^o^)/

この記事に対するコメント

京都では…

お久しぶりです。
黒松内の教育委員会に在席していたものです。マナブールを担当していたこともあり…現在20年間の行政生活にピリオドをうち…異業種で営業してます。
今日から京都にいきますが…オススメの参拝場所はありますでしょうか?
教えて頂ければ幸いです。

  • 投稿者: まこと
  • 2018/09/27(木) 10:39:33
  • [編集]

京都では…

お久しぶりです。
黒松内の教育委員会に在席していたものです。マナブールを担当していたこともあり…現在20年間の行政生活にピリオドをうち…異業種で営業してます。
今日から京都にいきますが…オススメの参拝場所はありますでしょうか?
教えて頂ければ幸いです。

  • 投稿者: まこと
  • 2018/09/27(木) 10:39:57
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する