FC2ブログ

小説タッチ「価値観に勝とうぜ!(全5回)」第一話

  • 2009/03/24(火) 01:36:28

20090324013626
 ☆ ☆ ☆
ストーリー

人間界の職場で、同僚の価値観の違いが許せず、周りの女友達を縛っている友達(Nちゃん30才)を、何とかほどほどにならないかと、心配している同期のKちゃん。Kちゃんは Nちゃんの常に価値観を合わそうとする、精神的圧迫をまだ感じることはなかったのだが、周りの同僚から、それを知ってか知らいでか、Kちゃんに、Nの、あの価値観を合わそうとするイヤなオーラが、なんとかならないかと 再三、みんなから相談され、うんざりしていた。困ったあげく、気分転換しようと、会社のトイレで、お化粧なおしをしていたとき、鏡ごしに映った、天使の姿をした小便小僧のクロスを見て、ふと思い出す。
「あっそや、天使界のスペシャリストに相談しょ」と。
実はKちゃん、天界の天女一族で、5年前、人間界に花嫁修行に出されていたのだ。
人間界でのKちゃんは、天界から人間界のいろんな職業を見ていたとき、一流企業、杉本コンツェルンのOLの制服にあこがれ、今、その杉本コンツェルン本社に、合格率20倍の狭き門を天界の天力をつかい、のうのうと合格し、あこがれの杉本コンツェルンの制服をきて、クリエーション部のOLとして活躍していた。 Kちゃんは、すぐトイレの鏡の前で手を組み、天力をつかって、天使界のスペシャリスト中のスペシャリストに、ハート・ビーム・メールを送った。
そのメールはすぐ天使界のスペシャリスト中のスペシャリストとうたわれる、一鶴の心のノートに届いた。この一鶴、天使界特殊部隊「鶴組」の隊長であった。天使界の特殊部隊は、空のすべての警護を鶴組が、海のすべての警護を亀組が、大地のすべての警護を虎組が担当し、中でも鶴組は、天使界王 ア・キーロ直轄で、キーロ王の護衛も兼ねていた。
その鶴組隊長の一鶴、Kちゃんのメールをうけ、「げっ、今から警護さぼって、天界競馬場に行こと思てたのに!」と、ぼやいた。
だが、一鶴には、断るに断れない理由が過去にあった。
それはKちゃんのお父さんに頭があがらないからであった。なぜなら 一鶴がまだ天使になる前に 人間界で悪魔的存在として暴れに暴れ、地獄界に落とされたとき、Kちゃんのお父さんに天からありがたい「訓えの糸」を垂らしてもらい 一鶴が天界で修行するきっかけをつくってもらったほど、めちゃくちゃお世話になっていたからである。
そのため一鶴は、断るに断れなかった。
そんな一鶴は、天使界にきてたった100年で、今や 天使界のスペシャリスト中のスペシャリスト、特殊部隊の鶴組隊長となっていたのだった。
一鶴は、ふつうなら人間界の女ごときの相談に乗っている場合ではないのだが、生来の遊び人ゆえ、「ま、いっかぁ。久しぶりに人間界にでも遊びにいこっと」といって、天女Kちゃんに会いにいく。
この話は、人間界の「縁屋」というラーメン屋から始まる・・・・。


一鶴は、あらかじめKちゃんを通じ Nちゃんにも縁屋に来てもらうようハート・ビーム・メールをしておいた。

人間界にきた一鶴は、44才の中年のヤンキーくずれのおっさんに姿を変えていた。
みんなで、縁屋のいち押し、絶品トマトラーメンを注文した。
Kちゃんがなぜ一鶴が同席したのか事情をNちゃんに説明し、トマトラーメンを食べながら、まずNちゃん自身が思っている、価値観についてきいた。
聞きおえたとき、一鶴も、トマトラーメンを食べ終え、ついに口を開く

「Nちゃんが、"価値観を大事にする価値観がある"のは よぅ わかった。じゃあ、その価値観を大事にしようとすればするほど Nちゃんが求める価値観の一致から 、みんなが遠ざかるとしたらどないする?」

Nちゃんはすぐ「んっ!!それはないと思う」といいながら、敵意にみちたオーラを放った。

一鶴はすぐそのオーラを察知し、このオーラかぁと心の中で思った・・・・・。 つづく 次回を お楽しみに!


縁屋のトマトラーメンを天使の一鶴隊長が送ってくれた。
それが これだぁーっ(パシャ)!

この記事に対するコメント

一見長いような気がしたけど、いつの間にか読み終えていました♪

天界の超エリートにもかかわらず、人間界だと中年ヤンキ―くずれになっているのがたまらないっす。(笑)



  • 投稿者: けんちん
  • 2009/03/24(火) 02:29:25
  • [編集]

すぐれとまと!

トマトラーメン…トマトラーメン?トマトラーメン!
トマトって、すごいね。和洋中なんでもいけて、うちの方では砂糖かけてたべるし、そんなん信じられない、うちは塩って言われたし、生はもちろん、焼くし、煮込むし、潰すし、なんでもOKなんだねぇ。いや、おそれいりやのきしぼじん!!!トってもマるちなトんだやろうだぜ!
んでっ、小説のつづき楽しみにしてます。

  • 投稿者: コー
  • 2009/03/24(火) 07:29:56
  • [編集]

価値観のズレ、それをどうしていったらいいのか・・・
なんだか自分にも当てはまるカモ?
なんて内省しちゃったりして・・・
早く続きが知りたいわ♥
楽しみにしてまーす。

  • 投稿者: ゆきぽん
  • 2009/03/24(火) 08:46:25
  • [編集]

価値観って、人によって違うと思うし 自分の価値観って、自分の思ってる事が、 正しい、って信じたい部分ありますよね。Nちゃんの 気持ち・・・  なんか
 わかるなぁ。。  次回、楽しみです。
昨日  縁家いきましたよぉ!  ホンマ  トマトラーメン、スープも何ともいえず、絶品!ですね^^
 最近 丸源ラーメンの 肉そばに  はまってます

  • 投稿者: bellmama
  • 2009/03/24(火) 23:35:45
  • [編集]

第一話を ラーメン屋で始めたのは、ちょっと強引やったかなって思ったけど、まぁ、それなりにOKにしといて。第二話はざんねん ながら 写真のカットはなし(笑)。その変わり長文やでぇ(笑)。夜中に 小説タッチのおはなしをどうぞ! あくまでも小説タッチね。そこんとこ よろしく

  • 投稿者: あきひろ・1000
  • 2009/03/25(水) 08:07:06
  • [編集]

ファン宣言!

読んでいて楽しかったです。ありがとうございます。

  • 投稿者: なお
  • 2009/03/28(土) 15:50:08
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する