FC2ブログ

暗記力だけあげると、ひとつの力が特化するだけで、他の「大事な力」をカタくしてしまう ☆☆☆

  • 2018/09/01(土) 07:18:01

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

8月最終日のきょうは、湿気が増した分、むし暑い 晴れとなった。

そんななか、来年は、某有名私立中学に入ろうと、

短期集中受験勉強に励む、小学6年の子たちの頭と心を

メンタルストレッチで ニコちゃんマークにしてあげてほしいとのことで、おじゃましてきた。

さすが、人生で、なにを どうつめても入るほど、頭が柔らかい、

かつ、最強の感受性期を送っている子どもたち、

始めに、読ませていただいた、絵本を、いっぱつでマル暗記してしまう。

そんな頭の柔らかさを持っている子たちに、

暗記力は、スポンジが水を吸うように、バツグンなのに、

一方で、いや、八方位の中で、残りの七方位、

運動神経、音感、判断力(善悪良否)、思考力、想像力、忍耐力(根性)、愛情(おもいやり)には、

暗記力ほど、柔らかいとは決して言えない。

そこの七方位ならぬ、7点を、とあるマンガの名セリフや、ポエム、俳句、名画数枚、ジブリ映画のワンシーン、影絵、歴史上の戦法などで、メンタルストレッチと、

未知の秘めたる才能のスイッチを押しておいた。

3人の子は、「もぅダメ、これ以上は、笑えない!」と、
何度も言いながら、それ以上、大笑いしたほど、
八方位とも、ぐにゃぐにゃに柔らかくしてさしあげた(笑)。

みんな、T大と言わず、はーバット大(笑)、けんブーにリッチ大を目指してやぁ(爆笑笑笑))))

Uっちゃん、駅まで送ってくれて おおきンなぁ(笑)

また、機会があれば、☆を観にいこうーぜ(^.^)


良き 暗記とは、明るさと、笑いとともに覚えることで、一つで、7つ, 8つ入ることをいう ・・・♪


244日目の名言は 
   
   人間は ほんとうに 大事に思うものについては
   寛容になれないのが 自然である。
                    ミル   ◯              
   ☆表面的には寛容にポーズをとっていたとしても
    本当に自分が大切なことに対しては、なかなか寛容に
    なれないものである。信仰や思想など、心のコアに根差す
    ものに対しては、どうしても譲れないという気持ちが
    わきやすい。ピュアに大事に思うものほど、
    譲れない気持ちは より一層ガンコなものになる。
    不寛容は、大切に思う気持ちの裏返しであることもある。
    

   Good Luck (^o^)/

この記事に対するコメント

絵本、わたしも好きです

あきひろさんの活動を『話の特集 創刊40周年記念』の三浦伸也氏の記事で知りました。2005年のことですから古いですね。
私も読み聞かせをやっているんですが、関西弁でやります。上方落語みたいに。
長谷川義史さんの絵本が関西弁なんで、よくリクエストされます。
「不寛容」について、私も思うところがあります。
「こだわり」とも言い換えられるのかと思うけれど、「差別」や「ヘイト」につながる危うさも持ち合わせているのね。
それは親から受けついだり、周りの大人から影響を受けやすい。
そのことをとても感じます。
おじゃましました。

  • 投稿者: なおぼんR
  • 2018/09/01(土) 11:02:15
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する