FC2ブログ

連日の 西方浄土の 光をあびて ☆☆☆

  • 2018/08/15(水) 01:36:03

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

きょうも、カンカン天気。

夕焼けと、三日月がキレイで、しばらく 

タバコ吹かしながら、しみじみ見てしまった。

しみじみとは、

どの家(うち)の ご先祖さまたちが、大勢で、

こっちに 来られやすいよう、

西方浄土からの光に、あふれているんだろうなぁと


さらに、三日月船が、浮かんでいたので、

あの船にも、

「わしの子孫たちは、元気にしておるかのぅ」

「早く、ひ孫の顔が見たいわね」

「なの心配性の嫁が、つまらんことで悩んでおらんだろうか」

「うちのせがれは、次なる夢は、なにをつかみにいこうとしておるかのぅ」などなど、

たくさんのご先祖様たちが 順番待ちをしているんだろうなぁと

しみじみしてしまったわけである。

ご先祖様は、かつて、肉体を持って、たしかにいた。

今は、肉体を離れ、たしかにいる。

ご先祖様、うちの一族は、みな、訓えどおり、

自分で決めた道を それぞれ、不安をかかえながらも、

自由に、日々、明るさ忘れず、

歩んでおりますよ。

なかには、ぽわ~んと、歩んでいるヤツもいますが(笑)

ご先祖様、笑って、

それぞれの、道の邪を祓っておいてあげてくださいな。


良き ご先祖様の うやまいには、笑顔になるような お知らせが、あの世から、とどく ・・・♪


227日目の名言は 
   
   不安は 自由の めまいである。   
                   キェルケゴール   ◯                                                  
   ☆「自由である」とは、可能性にあふれている、ということだ
    可能性にあふれている、といえば聞こえはいい。でも、
    可能性にあふれているとは、不確かで未知である、という
    ことでもある。つまりそれは、保証がない状態なので、
    不安が湧きあがる。不安は、まさに、自由が引き起こした
    「めまい」みたいなもの、とキェルケゴールは説いた。
 
  
  Good Luck (^o^)/

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する